作成日 : 2008-07-29 23:01|HIT : 14571
三星堆文化

三星堆文化は5000年~3000年前の古蜀文化遺跡で面積が 12緕「に達する中国20世紀の重大な考古学発見中の一つである。
三星堆遺跡は1931年のイギリスの牧師である(V.H.Donnithorne)が現地民が偶然に発掘した玉器などをきっかけに発見した。20世紀20年代から今まで中外考古学者たちは三星堆文化に対して大量の考古発掘と専門研究を進行したし遺跡と大量の貴重な文物を見つけた。 三星堆遺跡及び文物の発見は 3,4千年前の中国の古蜀国の存在と中華文明起源の多元性を有力に証明してくれる。

三星堆文化中でも青銅器文明の特徴が主導的地位を占めているしその影響範囲も伝統的な古燭国が分布された成都平原を脱して髯蕪・n域と鄂西地区等の地域に拡散した。
同時に青銅文明が中原河上文明及び長江中流地域、髯蕪・n域文明の強烈な影響を受けた事も推測される。
三星堆遺跡及び出土された遺物は幾多の神秘さをおさめているので世界各国の考古学専門家たちは半世紀の間で論争を絶えなかった。 今でも三星堆文化は解けない謎として多くの外国媒体たちに"外星人文化"と思われている。

          (通天神樹)

三星堆遺跡で出土された大量の珍しい遺物はきらびやかな古燭文明を私たちの前に真実に見せてくれている。 なかでも一番不思議で人々の感歎を催すことは青銅像である。こんな青銅像は造形が精巧で形態が多様で誇張された造形があるかと言えば細密で派手な面もあって千姿百態としている姿である。
全世界すべての考古学発見中でも三星堆遺跡で出土された青銅木である(通天神樹)は世の中にかけがえのない不思議な遺物と言える。
青銅木は 3階になっているのに木の幹には 9匹の神鳥(奇妙な鳥)が飾られていてその外に盛んな木の幹と果物及び花房、飾られている神竜などは人々の感歎を禁じえないようにする。神樹について《山海経・海内南経》で建木の形状を“その形は牛のようで,引くと皮あり,纓のようで,黄蛇”。その葉は大きく果実は硬く,名を建木と言う,《山海経・海外東経》には,“湯谷の上に扶桑あり,10個の日に浴び,黒歯の北にあり,水中に居,大木あり,九個の日が下枝にあり,一個の日が上の枝にある”と描述している。

世界考古学界では古代文字の解読と分析は重大な科学難題と公認している。 現在世界で完全に分析と解読することができない文字はマヤ文字などいくつしか存在しない。 なかでも三星堆遺跡で出土された遺物上に残された古燭文字も現在解読することができない文字中の一つである。
 また文字だけではなく出土された一部遺物も考古学界では前に見られなかったし甚だしくは名前が何かも確認することができない程三星堆遺跡研究の進みによって更なる発見が期待される。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3