• ブックマック
  • オンライン 13
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国歴史


Total 19건 2 페이지
宋の時代

唐の滅亡後、各地で節度使があい争った。この時代を五代渚綜梠繧ニいう。この戦乱を静めたのが、960年に皇帝となって宋を建国した趙匡胤である。ただし、完全に中国を宋が統一したのは趙匡胤の死後の976年である。趙匡胤は、節度使が強い権力をもっていたことで戦乱が起きていたことを考え、軍隊は文官が率いるという…

隋唐時代

中国を統一した隋の文帝は、均田制・租庸調制・府兵制などを進め、中央集権化を目指した。また同時に九品中正法を廃止し、試験によって実力を測る科挙を採用した。しかし、文帝の後を継いだ煬帝は、江南・華北を結ぶ大運河を建設したり、度重なる遠征を行ったために、民衆の負担が増大した。このため農民反乱が起き、618…

南北朝時代

300年から帝位をめぐって各地の皇族が戦争を起こした(八王の乱)。このとき、五胡と呼ばれる異民族を軍隊として用いたため、これらの五胡が非常に強い力を持つようになった。316年には、五胡の1つである匈奴が晋をいったん滅ぼした。これ以降、中国の北方は、五胡の建てた国々が支配し、南方は江南に避難した晋王朝…

三国時代

後漢末期の184年には、黄巾の乱と呼ばれる農民反乱がおきた。黄巾の乱が鎮圧されたあと、豪族が各地に独自政権を立てた。中でも有力であったのが、漢王朝の皇帝を擁していた曹操である。しかし、中国統一を目指していた曹操は、208年に赤壁の戦いで、江南の豪族孫権に敗れた。結局、曹操の死後、220年に曹操の子の…

両漢時代

紀元前202年に、劉邦と項羽が覇権をめぐって争った(楚漢戦争)では劉邦が項羽を破り、漢の皇帝となった。劉邦は、始皇帝が急速な中央集権化を推し進めて失敗したことから、一部の地域には親戚や臣下を王として治めさせ、ほかの地域を中央が直接管理できるようにした。これを郡国制という。しかし、紀元前154年には、…

秦朝

戦国時代後期 七国争雄の 中で秦国が一番強大だった。秦は、戦国時代に着々と勢力を伸ばした。勢力を伸ばした背景には、厳格な法律で人々を統治しようとする法家の思想を採用して、富国強兵に努めたことにあった。秦王政は、他の6つの列強を次々と滅ぼし、紀元前221年には史上はじめての中国統一を成し遂げた。秦王政…

春秋戦国

紀元前11世紀頃に殷を滅ぼした周は、各地の有力者や王族を諸侯として封建制をおこなった。しかし周王朝は徐々に弱体化し、異民族に攻められ、紀元前770年には成周へ遷都した。その後、史記周本紀によれば犬戎の侵入により西周が滅び、洛陽に東周が再興されたが、同じく平勢隆郎の検討によれば幽王が殺害されたあと短期…

夏朝

夏朝(前2033?-前1562?)中国の歴史の上で第1王朝です。4千数年前、夏の部落の首領の禹は治水して功労があるため、虞舜の重用を得て、最後に部落連盟の首領の位を禅譲してもらったのが、夏の王朝の始まりです。大禹が死んだ後に、大禹の息子である蜷ッが即位します。つまり歴史の上でいわゆる“大禹が位を子に…

先史人類史

  中国に現れた最初期の人類としては、元謀原人や藍田原人、そして北京原人が知られている。中国大陸では、古くから文明が発達した。中国文明と呼ばれるものは、大きく分けて黄河文明と長江文明の2つがある。黄河文明は、畑作が中心、長江文明は稲作が中心であった。黄河文明が、歴史時代の商、周などにつ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?