甘粛省概要 > 地域情報

本文へ
サイト内検索

地域情報


甘粛省概要

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,707회 작성일 08-05-07 19:34

본문

甘粛省概要
ローマ字表記 Gansu    甘粛省
略称 隴 Long
省都 蘭洲 Lanzhou
位置 黄土高原、青蔵高原、内蒙古高原の間に位置している。
面積 39万平方キロメートル
気候 省内全域が乾燥地域で、温度差が大きく、冬と夏が長い。年間平均気温は-0.3度から14.8度。

省内は1.朧南南部亜熱帯湿潤区、2.朧南北部温暖湿潤区、3.朧中南部温帯半湿潤区、4.朧中北部温帯半乾燥区、5.河西北部温帯乾燥区、6.河西西部温帯乾燥区、7.河西何部寒帯半乾燥区、8.甘南寒帯湿潤区の8つの気候区に分かれている。
人口 約2,603万人。(2003年末)チベットトンシャンユーグボウナン蒙古カザフトゥーサラ満州などの少数民族が住んでいる。
主な都市 開封市、洛陽市、平頂山市、焦作市、鶴壁市、新郷市、安陽市、濮陽市、許昌市、三門峡市、南陽市など。
概要 農業、牧畜、石油、化学工業などが主要な産業。ウリ科の果物、漢方薬材、毛皮の産地。
省内には歴史古跡が無数にある。

市内には黄河などの河がある。
観光スポット 麦積山石窟、仙人崖、炳霊寺、嘉峪関、敦煌莫高窟などがある。
歴史 200万年前にはこのあたりに「黄河ステロドン」という古生物が生息していた。

5、6000年前には仰韶文化が出現している。

春秋戦国時代には秦と西戎の領土に分断されていた。漢代には涼州、三国時代は雍州地に所属。唐代には三道が置かれた。漢、唐時代にはシルクロードがここを経由していた。

宋代には「西夏」と称し、その中で甘州(今の張掖)と粛州(今の酒泉)に分かれていた。現在の「甘粛」という名前はこの2つから採っている。

明代には陜西省に属したが、清代に「甘粛省」となる。

国境沿いに隴山があるため、略称を「隴」という。
出所:中国まるごと百科事典
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
536
어제
651
최대
733
전체
55,620


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.