作成日 : 2008-12-06 01:11|HIT : 8916
中国の社会保険

                        2003-2007年社会保髯ゥ参保人数

中国の市,県の失業者は 1993年 420万名で失業率は 2.6%になっている。 その中青年層失業者が 353万名で 84%を占めているが失業問題の対応面で社会保障制度は主な課題になっている。
中国の社会保障制度は 1953年 1月に公布された "中華人民共和国労動保険条例"が根本になっている。 この保険条例は主に従業員を 100名以上雇う企業を対象にしたことだが規定の範囲は障害、 医療保険、 退職、養老年金、産休から福利厚生施設の運営にまで至る。

この条例の適用以外の企業でも企業と労動者が条例の原則を根拠にして集団で社保契約を きめすることができるようになって保険条例は実質的にすべての企業を対象にしたものと言える。 1984年に始まった養老年金の統一的取り立てを中心にした保険制度の改革は 1991年末現在全国市、県総数の 98.9%で実施して 6,900万名の在職及び退職労動者を対象にしている。 国営企業では 1986年から始まった契約制労動者の採用に福利厚生施設も整備になった。

中国の社会保障制度では労動保険失業保険、住宅供給などがあり賃金総額に含まれる一部特別賃金はその他機能を遂行する。 "国営企業労動契約制実施に関する暫定規定 1986年7月"によれば国家、企業、個人三者の共同負担にするのにその中心は基本退職養老保険として企業は退職、養老基金として契約制労動者の該当企業の賃金総額に対して各市政府が決めた一定率を掛けて算定して所得税納付の前に納めなければならないしこれに対しては課税をしない。 労動者は標準賃金の 3%を越えない範囲で個人の賃金で控除して社会保険機関に納める。

□ 社会保険の種類

労動保険制度は国家が勤労者賃金総額の 3%を労動保険基金で各事業単位に支給して作業による病者や障害者の弔慰金、退職金、生活費、そして死亡者遺族の弔慰金及び生活費などで支給するようにする。

企業が直接あてる基金は一般保険基金と医療保険基金に仕分けされる。一般保険基金は作業による入院、 治療期間の間の賃金、出産、 お休みの時の賃金などで出費されて医療保険基金は賃金総額の 5~5.5%限度内で造成された基金で労動者の疾病時の医療費、勤労者扶養家族などの医療費などに出費される。 失業保険制度は一般的に失業者に基本賃金の 70%が支給されて賞与金は支給されない。 郷鎮企業の場合は基本賃金の 70%の外に 1日1元の生活費が支給される。
養老年金制度は国営企業が決まった資格を取り揃えた退職者に対して毎月引退当時受領金額の 40%を生活費で支給して決まった年齢に達して会社を退職する者に対しては勤務年限に根拠して年金形式で本人賃金の 60~90%を支給し、在職公務員と同じく医療待遇を受ける。 農村社会の養老保険事業は非常に早く発展して 1992年に既に 2,8000余万農民が養老保険に加入した。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3