作成日 : 2008-12-06 00:39|HIT : 17992
中国の改革開放政策

経済体制改革

中国の経済体制改革は現代化推進に障害物になる各種障害要因を乗り越えて社会主義を完成しようとする必要で出発した。 すなわち生産力発展に邪魔になる各種要因たちをとり除いて生産力を高めてこれを通じて社会主義の完成--共産主義を実現しようとする背景で始まったのである。経済体制改革は内容別あるいは時期別で 3段階で分けることができる。
第1段階(1978-1984)は農村地域を中心に成り立った。
第2段階 (1984-1987)は都市部門の経済改革を重点に進行されたしこの段階では企業の自律性と效率性を高めるために価格、税制、金融改革及び対外貿易活性化などが推進された。
第3段階(1987-)は沿岸地域を中心に対外開放政策が積極的に実施された。

1. 農村経済体制の改革

中国の改革は先に農村で始まったし農村改革の内容は以前の人民公社のような方法を止めて責任制を実施して農民の積極性を誘導するのである。 それではどうして農村から改革を始めなければならなかったのか? それは中国人口の 80%は農村にあるのでもし彼らの生活問題を解決することができなかったら社会は安定を得ることができないからでもある。
 またもし農村がずっと貧困な状態で残っているようになれば工業の発展とか商業あるいはその他経済活動たちも不可能になるからでもある。このような農村改革は農民にとって自主権と実質的な恩恵を得るようにした。
改革を通じる生産力の発展において一番重要なことは人民たちの創造的活力を解放させるのだった。
第二 農村改革は農村の産業構造を調整して以前の食糧中心の単一構造から農業、林業、牧畜業、漁業そして副業など多様な経営構造で発展させた。
 第三 農村改革はまた卿鎮企業の発展をもたらした。


2. 都市経済体制改革

元々改革開放の基本戦略は農村で出発して都市につながるようにするのだった。 それで中国政府は農村改革の重点を都市に残すことに決めた。都市部門の改革の核心を成すことは生産の基本単位である企業運営のメカニズムの改革、すなわち都市経済を支配している国家所有企業に対する改革だと言える。 簡単に言って都市改革の中心である企業改革の目的は企業の活力と生産性の向上である。


3. 対外開放

毛沢東集権下に中国は自給自足的経済を追い求めたあげく対外開放をしなかった。 過去中国はこのような閉鎖政策によって立ち後れ状態を兔れることができなかったと思いながら鄧小平は "中国が長い間に停滞と立ち後れ状態にとどまっていた主要原因は閉鎖性にある。 門戸を閉めた状態で建設を推進するということは成功することができない同時に中国の発展が国際関係を離れることができないという事実は経験を通じて立証された"と指摘している。
鄧小平のこの言葉は改革が成功することができるのかどうかは対外開放にカギがあるのを強調しているのである。
対内的経済開発を促進するために西欧先進国の資本と技術を取り入れなければならない必要性を感じた中国は改革政策といっしょに対外開放政策を実施することでより一層経済に拍車をかけるようになった。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3