中国の外交政策 > 基本情報

本文へ
サイト内検索

基本情報


中国の外交政策

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 9,073회 작성일 08-12-06 00:17

본문

1. 基本政策

中国は建国以来に基本的に平和共存と自主外交を標榜して来たが、 外交政策の内容面では時代によって変貌を繰り返えして来た。 中国指導部の世界観と国際社会での中国の役目に対する認識が変化するによって外交戦略も変わって来たからである。

1989年天安門事態以後中国の外交政策は根本的に変わって国際的な孤立を脱皮する方向に進んだしこのために政治/経済安定を土台で第3世界社会主義国々に対して積極的な外交政策を展開していた。 同時にロシアと長年の敵対関係を清算して 1989年ゴルバチョプの訪中以後政治/経済交流を再開したし最近はロシアとの経済協力を強化している。

西方国家との関係においても軍事部門を除いた対中制裁の解除で部分的に改善した。 特にアメリカとの関係改善のために外交力量を傾けて1997年中国国家元首では 12年ぶりに初めて江沢民主席がアメリカを訪問することで世界平和の安定と同時に 21世紀に向けた建設的なパートナー関係構築のきっかけを設立した。 その他にもアジアでの位置を確固にするために東アジアと東南アジアとの協力も一緒に推進しているし現在は中国の外交半径をアフリカまで広げている。
一方 1997年7月1日 0時を期して香港主権は正式に中国に返還になった。こういうわけで 155年にわたって維持されて来た香港に対するイギリスの殖民統治が終止されて史上類例がない 一国両制(1国家2体制)の実験が始まった。 香港主権回復をきっかけで中国は一国両制を台湾まで拡大適用して統一をはかるという方針を闡明していて台湾問題で国際社会の関心を集めている。

2. 平和共存 5個原則

国家間の関係処理で中国は一貫されるように社会制度/イデオロギー/価値観念を基準にするのではなく平和共存5原則を中心とすることを主張して来た。 1953年 12月中国の周恩来総理がインド代表団接見の時初めて国家主権と領土保全の相互尊重、 相互不可侵、 相互内政不干渉、 平等と互恵、平和共存の5原則を申し立てた事がある。

1955年 4月周恩来総理はアジア/アフリカ会議でこの5個原則を再闡明したし、会議参加国たちの共同努力を経ってこの原則の内容を大会宣言に記入した。 1982年この 5個原則は中国憲法に明確に記載した。
平和共存 5個原則は現在中国が世界すべての国々との友好関係を樹立/発展の基本原則になった。 第3世界発展途上国との団結/協力を強化して近隣諸国と先進友好関係を発展させることが中国外交政策の礎石である。したがって中国は平和共存 5個原則に即した国際関係と国際政治経済の新秩序樹立を提唱するのである。

3. 独立自主の平和外交政策

中国は独立自主の平和外交政策を施行する。
銭其深前任国務院副総理兼外交部長が明らかにした中国外交政策の基本要点は五つで要約することができる。 中国は国際問題に対する態度と政策を独立自主的に決めてどんな対局や国家ブロックとも結盟または戦略関係を樹立しないし覇権主義と強権政治を反対する。中国の外交目的は世界平和を守護して国家の現代化建設のための平和的国際環境を建設するのである。


4. 中国の樹交原則

中華人民共和国が成立された 1949年10月1日中国政府は "本政府は中華人民共和国全国人民を代表する唯一の合法政府である。平等/互恵及び領土主権の相互尊重原則を守る外国政府ならどんな政府とも外交関係の樹立を希望する"と宣言したのである。

世界でただ一つの中国があり台湾省は中華人民共和国の不可分の領土というのが中国の基本立場である。したがって中国と樹交した国家は皆台湾政府とすべての外交関係断絶を表明して中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府なのを認めなければならないのである。


中国政府はどんな国家でも "2ケ中国" または "1中1台"など陰謀活動を行うことを絶対に容認しないし、また中国と正式樹交した国家がまた台湾政府とどんな形式でも政府次元の関係を樹立することを絶対に容認しない。上記の原則によって中国は 1993年 4月まで世界 155ヶ国家と外交関係を樹立した。

5. 統一政策

中国の統一政策は "1国家2制度"で要約することができるのにこれは中国政府が歴史が残しておいた問題を解決して国家統一を実現するために提出した構想である。1949年建国当時香港/マカオが中国に還元されなかったし台湾も統一されなかったから中国は外交政策を国家統一に一番重要視して来た。

"1国家2制度"の構想は 1978年末中共第11期3中全会以後徐徐に形成されたことで一つの中国の全体下で国家の主体は社会注意制度を立て通して香港/マカオ/台湾は元々の資本主義制度を維持、長期不変することとしてこの原則によって平和的統一大業を推進するのである。

この構想は中国政府の統一方針になったし、中国統一問題解決だけでなく国際上の類似の問題及びそのほか重大な国際紛争解決にも現実的意義があると言える。 実際に 1997年7月に中国に返還された香港はこのような原則下で高度の自治を認められて資本主義体制を維持している。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
604
어제
689
최대
749
전체
80,438


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.