作成日 : 2008-08-02 01:16|HIT : 10153
中国の国歌

1931年に日帝は "9・18 満州事変"を起こして中国の東北三省を侵略し占領した。 1933年に日本軍が熱河省を占領しながら、中国の華北地域は日帝の支配に置かれるようになった。
この時に田漢は白色テロで覆い被せた上海にいたが、彼は国民党の広幅的な捜査網を避けて上海の租界地に引っ越して暮らすしかなかった。 当時の音楽界の作家たちは生死存亡の危ない分かれ道でも <妹妹我愛菴ꀀ>・<桃花江>・<毛毛雨> などのような退廃的な音楽で人民の革命意志を堕落させていた。
ある作家たちはのんきにも現実闘いとは無関係な "芸術歌曲"というのを作ったりした。
何人の作家たちは救国的な歌を創作することもしましたが、 彼らの思想感情が人民大衆と一つを成すことができなかったから幅広く流行されることができなかった。
このような状況に直面して田漢は民衆を奮起させて人民の革命闘志を出せることができる歌曲を構想するようになった。

この時上海電通影業公司では <風雲児女>という映画を製作していた。 抗日救国を主題にしたこの映画は国民党統治区の知識人たちが悩みと彷徨の中で勇ましく抗日戦線で進むという内容であった。 このシナリオでは東北地域から上海に流れて入って来た二人の青年の運命を描いている。 一青年は抗日の闘いに身を投げて英雄的に犠牲されたし、もう一人の青年は堕落に抜けたが、困窮した彼女の助けと友達の犠牲的な激励で去る過誤を徹底的に反省して遂に抗日戦線に進む姿を描いた。

この映画の内容は田漢が書いたが、 彼は映画の設定によって映画の主人公と同時に詩人である(辛白華)が創作した長詩 <万里長城>のために"起きなさい, 奴隷になりたくない人々よ, 私たちの血と肉で私たちの新しい長城を積もう……(起来蜷ァ, 不愿做奴隷的人莉ャ! 把我莉ャ的血肉, 筑成我莉ャ新的長城! ……)"という最後の詩を作った。 その後それは映画 <風雲児女>の主題歌である <義勇軍行進曲>の歌詞になった。
閨nィが田漢のこの歌詞を見て曲を書く時に、 彼は祖国・人民・党に対する自分の熱情と敵に対する憤慨を皆一つ一つの音符の中にこぼして入れた。 それで曲の全般的なリズムは力強くてなっている。

1949年 9月 27日, 中国人民政治協商会議の第1次全体会議で当時世界的な画家である徐悲鴻:の建議を受け入れて、 <義勇軍行進曲>を国家で採択することを決めた。

文化大革明時期に作詞者田漢が打倒対象になりながらこの歌の歌詞は一時的に呼ばれなかったし、1978年第5期人民代表大会 1次会議では <義勇軍行進曲>の歌詞を改詞することに決めた。
1982年 2月,憲法修正案を討論する時に <義勇軍行進曲>の歌詞を修復しなければならないという世論が起き始め 1982年 12月 4日第5期全国人民代表大会 5次会議で <義勇軍行進曲>は中国の国歌として田漢の歌詞に戻した。

       中国国歌聞く




コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3