作成日 : 2008-08-01 23:55|HIT : 7500
中国の国章

中華人民共和国の国章は中華人民共和国の象徴である。

中華人民共和国の国章は五つの星(国旗を象徴する)が照らしている天安門を中に置いて、その周りを穀食の穂柄を刻んだ枠がくるんでいてその下の中央に小さな歯車がある図案である。

国章の配色は黄金色と赤色で構成されているが、穀食の穂柄が刻まれた枠、 五つの星、天安門、歯車は黄金色で、丸いわく中の地色と歯車をくるんでいる紐は赤い色である。

この図案は 1950年中央人民政府委員会第8次会議で通過された ≪中華人民共和国国徽図案≫と中央人民政府委員会蜉梃糸で公布した ≪中華人民共和国国徽図案制作説明≫に基づいて製作されたのである。
これは 5・4運動以来に始まった新民主主義の革命闘争と労動者階級が領導する農工連盟を基礎にした人民民主専政の中華人民共和国誕生を象徴する。
*(天安門は 5・4運動の発生地で中華人民共和国誕生の集会場所だから民族精神の象徴で図案の中央に配置したと言う)

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3