作成日 : 2008-08-01 23:39|HIT : 15119
中国の国旗

中華人民共和国の国旗は ≪中華人民共和国憲法≫ 第136条≪中華人民共和国国旗法≫ 第2条の明示したとおり五星紅旗である。

中華人民共和国の国旗は赤い背景に黄色になった大きい星一つと小さな星4個が左側上部に配置された図案である。 ここで背景の赤色は革命を象徴する。

左側上部の五つの星は大きい星を中心に小さな星4個が右側で取り囲んでいる姿ですが、大きい星は中国共産党を代表して 4個の小さな星は中華人民共和国誕生当時中国人民を構成していた 四つの階級(労動者階級、農民階級、 都市小資産階級、民族資産階級)を代表する。 すなわちそれは中国共産党の指導の下にある革命人民の大団結と党に対する人民の忠心なる擁護を象徴する。
五つの星が左側上部に位したことはまるできらめく星が高い所で壮厳・派手で広闊な大地に向けて美しく輝かしいようである。

星に使われた黄色は中国民族が黄色の民族なのを象徴する。 黄色は暖かい色に意味し、穏やか・貴さを現わすだけでなく金色燦爛たる黄金色を連想させたりする。国旗の全体的な模様は直四角形で縦横の割合は 3 : 2 である。

この国旗は 1949年 9月 27日中国人民政治協商会の準備委員会第1次全体会議で公募した3千余点の図案の中で選定したものである。

1990年 6月 28日第7期全国人民代表大会商務委員会第14次会議では ≪中華人民共和国国旗法≫を制定公布したが、主要内容は次のようである。
中華人民共和国の国旗である五星紅旗は下の場所や機関では必ず毎日国旗を掲げなければならない。

≪中華人民共和国国旗法≫ 第5条

1. 北京天安門広場、新華門

2. 全国人民代表大会商務委員会、国務院、中央軍事委員会、 最高人民法院、 最高人民検察院、中国人民政治協商会の全国委員会

3. 外交部

4. 出入国空港・港・汽車駅と国境地帯港・海岸警戒所


下の機関では平日には必ず国旗を掲げなければならない。

≪中華人民共和国国旗法≫ 第6条

1. 国務院各部処、地方各人民代表大会商務委員会、人民政府、人民法院、人民検察院、中国人民政治協商会の地方各委員会

2. 全日制学校(休みと日曜日除外)

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3