作成日 : 2010-02-04 16:51|HIT : 4811
トヨタのリコールは中国市場にとって良い影響?

「新華ネット」の自動車コーナーを担当する馬進編集長は、トヨタのリコールについてオンラインでネット利用者と交流し、その中で「今回のリコールは中国の自動車市場に良い影響を与えるだろう」と述べた。

馬進氏は「国内のリコール制度は自発的なリコールと指令によるリコールの2種類がある。大まかな統計データでは、2004年から今までにトヨタが中国で実施した全車種のリコールは26回で、台数は130万台以上に上っている。この台数と回数は他のメーカーでは1番多い」と述べ、以下のように続けた。

「このことは2つの面から考える必要がある。中国ではトヨタの販売台数が一番多いわけではないが、リコール数と台数が一番多いのはなぜだろうか。他のメーカーの車には問題がないのだろうか。これは真剣に考えなければならない問題で、今回の『RAV4』のリコールを含めて、国内ではまだクレームが寄せられていない。中国の自動車市場では、問題のある車がリコールされているのか、それとも様々な手段で品質問題を隠してリコールを避けているのか、こうした問題は今回の事件を通して真剣に考えるべきことだ」

「トヨタの世界的なリコールは、中国の今後の自動車市場に良い影響を与えるだろう。事実、米国高速交通管理局の権力は相当大きく、リコールさせる以外にも、年間数十万台の事故調査で品質の問題点を探し出してリコールさせる。これは中国では考えられないことだ。故意に欠陥を隠した場合は3万元ほどの罰金で、わが国のリコール制度はもっと整備される必要がある」

「チャイナネット」 2010年2月4日

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3