• ブックマック
  • オンライン 3
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

日中関連


中日の学者、中日歴史共同研究報告書を語る

4,198 2010.02.04 16:35

첨부파일

짧은주소

본문

中日歴史共同研究委員会は1月31日に段階的研究報告書を発表した。両国の学者は3年の歳月をかけて両国政府が主導した古代、近現代の中日関係史に関する第1期研究活動を完成させた。

双方は日本の対中戦争は侵略戦争であることを認め、日本の対中戦争発生の原因や南京大虐殺などの問題に対しそれぞれ研究成果を発表した。1945年以降の戦後史部分は今回の報告書に盛り込んでおらず、第2期研究で着手する方針だ。

 

南京大虐殺などの問題を回避しない

両国関係を悩ませる歴史問題を解決するため、2006年、中日両国はそれぞれ10人の学者を派遣して委員会を設置し、歴史共同研究に着手した。昨年末、委員会は第1期の研究活動を終え、1月に両国学者の論文13篇からなる研究報告を発表すると明らかにした。

報告書は計530ページで、中国側の報告書と日本側の報告書の2冊に分けられている。報告書によると、論文は両国の学者がテーマやキーワードを共同で定めた上で、それぞれ執筆したものだ。

報告書を通して、学者たちが古代史から近現代史までの中日関係について系統的な研究を行ったことが見て取れる。研究テーマは東アジア地域の国際秩序、中日社会の相互認識、日本の大陸への拡張政策および中国国民革命運動、九・一八事件(柳条湖事件)から盧溝橋事件までなどを含む。

中日間のいくつかの敏感な歴史問題について、報告書は回避していない。例えば、南京大虐殺について、双方の学者は論文の中で、南京大虐殺は集団的な虐殺事件であるという判断で一致した。確かな犠牲者の数については討論されなかったが、双方はいずれも極東軍事裁判は20万人以上、南京国防部軍事裁判所は30数万人以上と認定したという2つのデータを引用した。

 

最後段階で盛り込まれた「侵略戦争」

今回の歴史共同研究報告書に対して、中日の学者はいずれも肯定的に評価した。中共中央党史研究室の章百家副主任は「小異を残して大同につく」という言葉で報告書を評価し、双方の学者が最も重要な方面で一致したと認識している。

今回の歴史共同研究では、双方の学者は1931年~1945年に起こった戦争は日本の対中侵略戦争であることで一致し、報告書の中では「日本の中国に対する全面侵略戦争および中国の全面的な抗日戦争」について論述した。

東京大学の石井明名誉教授は、両国の学者がいずれも事実に基づき論文の執筆に努めたと日本メディアに語った。

中国人民大学の李文海元校長は、報告書の中で甲午謌・・i日清戦争)に言及する時、日本の学者が日本学術界の一般的な観点を引用しただけでなく、中国の学者の観点をも説明し、日本が軍拡の道を歩んだことは偶然的な現象ではないと認識していることに注目した。

共通認識達成の裏側で、多くの交流が行われていた。歴史共同研究報告書の共同テーマの確定について、中国側の委員である中国社会科学院近代史研究所の王建朗副所長は、「すべての言葉の表現は辛苦を尽くした討論を経た後に確定したものだ。『侵略戦争』という言い方は最後の段階になってようやくテーマとして報告書に書き入れられたのだ。日本の主流学術界は侵略を否定しないが、文章を書く時には、往々にしてこの言葉の使用を回避することがある」とした。

このほか、双方には学術の面でも相違があった。王建朗氏によると、日本の学者は具体的な事件に対する研究を重視し、「偶然性」を強調し、中国側は事件発生の「必然性と計画性」を強調している。

「北京週報日本語版」より2010年2月3日

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 1 페이지
日本人麻薬犯の死刑を執行

中国が日本の反発にも構わなく6日に日本人麻薬犯の死刑を執行した。 新華通信はこの日"遼寧省で日本人麻薬犯赤野光信(65)に対する死刑が執行された"と報道した。 赤野氏は2006年9月に2.5㎏相当の麻薬を日本に密輸入してこようとしたが大連空港で逮捕されたし、昨年4月に死刑が最終確定した。 遼寧…

中国が日本人麻薬犯人に対する死刑を執行すると報道

中国が今度は日本人麻薬犯人に対する死刑を執行するものと見られる。 日本共同通信の先月31日報道によれば前日午前中国遼寧省政府は今月5日に日本人麻薬犯人1人に対する死刑を執行すると住瀋陽日本総領事館に通知したと報道した。 もし中国政府が予定通りに死刑を執行するならば1972年に両国が国交を回復した…

加藤嘉一氏、中国人は会議の達人だ!

開催中の「両大会」について、加藤嘉一氏はメディアの取材を受け、「中国の両大会をテレビで見たのか。日本のそれとどう違うと思うか」と質問された際、「中国人は会議の達人だ!」と語った。 「生中継を見た。会議はスケールが大きなものです。地方の両大会から、全国の両大会まで、スケールが大きくて、人数も多いです…

加藤嘉一氏、中国の政治はますますインターアクティブになった

目下開催中の「両大会」について、加藤嘉一氏は最近メディアの取材を受けた際、「中国の政治はますますインターアクティブになってきた」と話す。 中国の政治に対する感想として、加藤嘉一氏は「2003年から中国に来て、もう7年になりますが、人々のネットに対する興味と利用度はますます膨らんでおり、インターネッ…

景徳鎮で日本の陶芸家の個展を開催

「新五彩、新山水ー中国から日本へ、日本から中国へ」というテーマの陶芸芸術品個展が6、7日の両日、江西省景徳鎮で開催された。日本の陶芸家一家に生まれた仲村元風氏の作品は日本における釉上彩陶器の発展レベルを表している。これは日本の陶芸家が初めて景徳鎮で開く個展となる。 「人民網日本語版」2010年3月8…

日本は中日関係の発展に寄与する事をすべき

国防部の会見で25日、黄雪平報道官が質問に答えた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 ----日本の指導者が先日、次期防衛大綱の策定に向けた議論で中国の軍事力増強への対抗策を検討するよう指示したほか、日米同盟の深化を大きな課題として挙げたことについて、どう捉えるか。 中日の防衛関係が前向き…

上海万博後、日本国宝の鑑真像が揚州に「帰省」

中国共産党揚州市委員会の王燕文書記は20日、奈良市の仲川元庸市長と会見した際、日本国宝の鑑真和上坐像が、上海万博後に再び揚州に「里帰り」することを希望する旨を伝えた。 2010年上海万博の日本館には日本国宝の鑑真和上坐像が展示され、万博後、この塑像は揚州の鑑真記念堂に置かれることになっている。鑑真…

トヨタ、リコール事件で市場を西から東へ移転か

トヨタ自動車は、北米とヨーロッパ市場でのシェアが大きいため、リコール事件による影響も大きい。しかしそれに比べ、中国やインド、東南アジアでのシェアは小さいため、影響がないわけではないが、比較的に小さい。 2008年、トヨタの米国、ヨーロッパ、日本国内での販売台数が年間販売台数に占める割合は3分の2以…

2010年在日華僑・華人新春招待会を開催

「2010年在日華僑・華人新春招待会」が昨夜、日本駐在中国大使館で行われた。2010年の新春の訪れを間近にひかえ、日本の各業界の華僑代表が一堂に集まり、新春の訪れを共に祝った。 「人民網日本語版」2010年2月11日

日本のメディアが中国の自動車過剰生産を憂慮

中国の自動車産業が2012年になれば過剰生産問題が現れると日本の経済新聞が5日報道した。 報道によれば中国自動車産業は2012年になれば2千300万台を生産することになるのに、これは需要より300万台多いものである。 自動車過剰生産問題が提起されるということによって中国政府は自国内に進出したグロ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?