• ブックマック
  • オンライン 19
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

日中関連


Total 157건 4 페이지
驚くべき中国の発展 中日協力は新時代に

13年前に日本のイオングループが青島に小売会社を設立した際、駐車場が絶対に必要とする日本側の主張は理解されず、「車で買物に来る人なんてここにはいない」との声が上がった。それが今や、4000台規模の駐車場でもとても間に合わなくなっている。「中国青年報」が伝えた。 「中国の発展は驚くべきものだ」。御歳…

日系企業が中国で利益を得るには?Neusoftの経験談

80年代に設立され、今では中国屈指のソフトウェア開発・ITサービス会社へと成長した「東軟グループ」(Neusoft)は、早くも80年代末に日本企業と協力し始め、中日企業提携の面で豊かな経験を積み重ねてきた。Neusoft日本支社の張秀邦代表取締役社長は、このほど北京で開かれた「第1回中日青年経済リー…

中国人の日本観光 現状と課題

北京で24日に開かれた「中日企業家高峰フォーラム」では、観光業界の日本の西武グループの後藤高志社長と、中国青年旅行社の張立軍総裁が、中国人の日本観光の現状や今後の課題について語った。 日本政府観光局の統計では、中国から日本へ旅行する人は2008年に8万人を超えた。「今年7月から中国人観光客への個人…

楊潔チ外交部長、NHKの特別取材を受ける

日本を訪問中の中国の楊潔チ外交部長は21日、NHKの特別取材を受けた。 楊潔チ外交部長は、中国の発展問題や国際社会における役割、中日関係、中米関係、東アジアの地域協力、朝鮮半島核問題などについて記者の質問に答えた。 また、この日、楊外交部長は、福田康夫元首相と会見した。   「中国…

中国外交部長、まもなく日本を訪問

中国外交部の秦剛報道官は17日、北京での記者会見で、中国の楊潔チ外交部長が日本の岡田克也外相の招きに応じて、19日から22日にかけて日本を訪問すると発表した。 訪問期間中、中日双方は両国関係や共に関心を寄せる国際問題と地域問題について意見を交換することになっている。 また、秦剛報道官は「現在、中…

鳩山首相:中国のGDPが日本を超えるのは当然

日本の鳩山由紀夫首相は12日、「中国のGDPが日本を超えるのは当然で、大げさに騒ぐことではない。発展と人口の規模に合った経済を展開するのは重要なこと」と述べた。また、日本経済の発展に中国が欠かせないことを強調した。 これは、鳩山首相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するためシンガ…

北京-東京フォーラムが閉幕 「大連宣言」発表

2日間にわたって行われた第5回北京-東京フォーラムが3日に閉幕した。中国日報社と日本言論NPOが共催した今回のフォーラムには、中日両国の各界著名人150人以上が参加した。閉幕前に発表された「大連宣言」では、「中日間およびアジア・世界の課題にこれからも真剣に取り組み、北京-東京フォーラムを中日両国の官…

中国版「ATOM」の世界攻略

日本の人気アニメ「鉄腕アトム」をコンピューターグラフィックスで映画化した「ATOM(アトム)」が、23日に世界で同時公開された。中国国内では公開初週末の興行収入が4000万元という好成績で、最終興行収入は2億元を上回るだろうと業界関係者は予測している。 出資側の一つである北京光線影業有限会社の張昭…

日本人による南京大虐殺の記録映画、東京で上映

日本人が撮った南京大虐殺に関するドキュメンタリー映画が11月14日、東京の映画館で上映される。南京大虐殺をテーマとした映画が日本で公開上映されるのは、今回が初めて。「環球時報」が15日、伝えた。 この映画が上映される東京・渋谷のミニシアター「アップリンク」の責任者は10月14日、同紙記者の取材に応…

中日関係に「友愛」は可能か?

国交正常化以来、中日関係は長足の発展を遂げたものの、決して一路順風ではなかった。冷戦思考と「米国一辺倒」の外交政策の影響で、自民党政権は中国との間の政治的論争から常に脱することができなかった。歴史認識問題、領土主権問題、台湾問題がその焦点だ。長年、この3つの焦点が交錯して出現し、両国民間の相互信頼の…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?