作成日 : 2010-01-29 11:29|HIT : 8027
'地震雲'と怪しい自然現象が相次く

最近中国に奇異な自然現象がひきつづき起きて現地人らが地震の兆しではないかと不安に震えている。中国の現代快報、東方網など現地言論は28日“江蘇と安徽,浙江省一帯で奇異な雲層が現れて冬眠に入った蛇が群れを成して出没するかと思えば、百年になった井戸が突然あふれるなど怪しい現象が相次いでいる”と報道した。

これら言論の報道によれば、数日間空の雲が変だと人々は該当雲写真をインターネットに載せたし、これを地震が発生する前に現れる'地震雲'であると主張した。 また安徽省馬鞍山では冬眠に入る冬季に群れをなして出現し、住民たちは地震など自然災害が近づく兆しとして受け入れている状況である。 南京の六合区新篁鎮にある百年になった古い井戸では最近水があふれることが発生した。 この地域住民たちは“豪雨が降っても1m程度を維持する井戸が渇水期なのに3m高さの井戸の外であふれるのは今まで見られなかった奇異なこと”としながら“地殻活動と関連があるのではないか”と憂慮の声を高めた。

一方、現地地震専門家たちは“このような現象らは実際に地震とはほとんど関連がないこと”としながら“警戒心を持つのは良いが、根拠ない俗説で不安に思う必要はない”と指摘した。

中国政府やはり“長江中下流地域で規模6.0以上の地震が発生したことは計測以後今までただ二回だけ”としながら“大規模地震が発生する可能性が殆どない”として現地人らを安心させている。 

                     チャイナセブン

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3