作成日 : 2010-01-08 10:58|HIT : 5084
曹操の82代目の子孫がDNA鑑定を依頼


中国新聞網は最近河南省安陽県で曹操の墓が発見された事実を明らかにした後に学界では曹操墓の真偽可否を囲んで論争が真っ最中の中でインターネット上でも熱い反響が起きていると報道した。
中には最近江西のある男性がインターネットサイトに自身が魏武王曹操の子孫であると明らかにしてDNA検査を受ける意向があると伝えた。

報道によれば1月4日インターネット上には‘私の先祖である魏武王曹操墓の発見に関する声明’という題名の記事が数時間内に2万2700人余りのネチズンに読まれたし、名乗った男性は彼のおじいさんが残した家系図によれば自身の一族は曹操の82代目の子孫だと主張した。

記事がインターネットを熱した以後ある媒体を通じて彼は自身の名前は曹建殴であり江西省南昌市霑幄エ、県長公鎮曹家村に住んでいて現在は広東省東莞市にある会社で勤めていると明らかにした。

彼のご先祖は山東省に移住してきたことで、家の家系図で曹操と曹植の名前を見たことがあって、彼が居住している曹家村にたてられている偏額にも曹植を意味する(七豁・之隸需, 八斗之才)で由来した‘八斗世家’という字が刻んでいると言う。 このような点などで推し量って彼は自身が曹操の後代で曹植の子孫だと主張しているという。  

       編集;チャイナセブン

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3