作成日 : 2010-03-23 20:04|HIT : 6025
中国民航局が航空便の延着などを厳罰

中国でこれから飛行機が延着したり出発が遅れることが減るものと見られる。

北京で発行される京華時報16日の報道によれば前日民航局は航空会社の誤りで飛行機運航に問題が発生すれば1年間の該当路線運航を中止させる制裁を含める新規定を発表した。

新規定には▲飛行機の4時間以上運航遅延▲乗客らの集団抗議▲社会的に重大な影響を及ぼす事件が発生すれば該当路線の運航を取り消して次の分期の運航申請を受けない。

民航局はまた北京、上海、広州3都市4個の空港を中心にすべての国内航空便の正常運航可否を把握して15日ごとに関連情報を公開する方針であると発表した。 正常運航率が下位20位圏の航空会社と飛行機正常運航率が50%以下の航空会社を警告措置する。

この他にも航空会社の誤りで1ヶ月に2回以上警告を受ければその翌月から関連路線の運航を中断させることにした。
 
              チャイナセブン

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3