外国人に人気の骨董品街 上海の「東台路」 > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


外国人に人気の骨董品街 上海の「東台路」

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,933회 작성일 10-01-29 11:06

본문

かつて、上海には特色ある通りがたくさんあった。たとえば、華亭路や七浦路の服飾街、江陰路の花鳥街、東台路の骨董品街など……。しかし都市が発展するにつれ、しだいに消滅したり、あるいは専門業者が入ってきてデパートやショッピングセンターを設立したために、だんだんと減ってしまった。

東台路は今でも残る数少ない特色ある通りのひとつ。東台路古玩街(骨董品街)といっても、上海の地元の人でさえ知っている人はそんなに多くはないが、外国人観光客にとっては欠かせない買い物スポットになっていて、米国や日本の航空会社が配る上海観光マップには必ず標示されている。クリントン氏が訪中したときも訪問候補地のひとつに挙がった。

現在の東台路古玩市場は「店の後ろに店があり、店舗の中に店舗がある」という構造になっている。一番外側は整然と建ち並ぶトタン張りの店舗からなり、店主の多くは河南人や安徽人。主に工芸品、かろうじて骨董品と呼べるものを扱っている。ただしこれらの工芸品は非常に「上海的」あるため、ここへやって来て掘り出し物を探す外国人に、ここは「上海」であることを気づかせてくれる。古い、あるいは新しく刷られたカレンダーや古いレコードプレーヤー、古いレコード、1930年代の扇風機、古い電話機、鳥かご……。

こういったトタン張りの店舗の後ろにある民家にも骨董品が置かれている。非常にひっそりと存在しているのでよく見ないと発見できないが、これこそが本当の骨董品店である。これらの店の店主は早くに東台路で立身出世した商人であり、彼らこそが骨董品のエキスパートであって、店内には価値の高い貴重な品が収蔵されている可能性が高い。

東台路は上海市盧湾区の東北部に位置し、老城廂のすぐ近く。東台路古玩市場は厳密には「瀏河路旧工芸品市場」と呼ぶべきで、東台路と瀏河路が交わる場所にある。東台路のほうが名の知れた通りであったために「東台路古玩市場」と呼ばれるようになったのだ。

 

「チャイナネット」 2010年1月27日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
537
어제
651
최대
733
전체
55,621


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.