作成日 : 2010-04-08 14:58|HIT : 8303
万博を控えた上海市が猫いらずも実名制に

上海万博開幕を目前に置いた上海市が包丁に続き猫いらずも実名制で販売することにした。

上海市は3日市政府ホームページ(www.shanghai.gov.cn)を通じて猫いらず、農薬をはじめとする各種毒劇物と化学薬品、爆発物に対する管理規定が入れられた<上海市民政部-爆薬・毒薬・放射性危険物品に対する安全管理通知>を公表した。

4月15日~11月15日の間に施行されるこの規定は上海万博期間の旅行客らの安全と社会安全を強化するためのもので爆発物、特定化学薬品、毒性化学品などを取り扱う業者や機関、個人は必ず当局の検閲を受けなければならない。

たとえば爆発物を運送する業者は市公安当局に運送時間と移動経路、運転者などに対する情報を提出して許可を受けなければならない。

個人の場合は猫いらず、農薬、特定火薬品を購入する時に必ず身分証を持参して自身の身分を登録しなければならない。

もしこのような規定を破る事業主は罰金または刑事処罰を受けることになる。

一方、中国では昨年9月の建国60周年国慶節を控えて流動人口が多い北京市内の大型マートで刃物を販売できないようにしたことがある。 

          チャイナセブン

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3