作成日 : 2010-03-09 19:40|HIT : 6051
万博が上海と周辺地域の経済モデル転換を促進

全国政協副主席、中国国民党革命委員会副主席の厲無畏氏は上海で働いたことがあり、上海市創意産業協会の会長も務めている。厲無畏氏は8日、『新民晩報』の取材に応じ、上海万博について語った。厲無畏氏は、上海万博は革新の成果を示す場となるだけでなく、上海のクリエイティブ産業の発展や経済構造の転換のチャンスともなるとの見方を示し、次のように述べた。

革新は経済モデル転換の原動力

科学技術革新と文化クリエイティブは、産業のレベルアップを推進する2つの原動力である。この2つにおいては、上海万博では集中的な展示、交流が行われる。革新は製造業製品のレベルアップを推進し、製品の付加価値を高め、消耗を減らし、環境汚染を減らすことができる。また、人々の思想を変え、産業面から経済面と社会面で発展を推進することができる。

目の前には絶好のチャンスがある。20世紀の数回の経済危機の発生後、いずれも一部の文化・クリエイティブ産業の発展が見られた。1930年代の大恐慌期にディズニーとハリウッドは成長し、70年代のオイルショックで日本は最も深刻な打撃を受けたにもかかわらず、アニメ王国となった。

今回の世界金融危機において、中国の1人当たりGDPは3500ドルに達し、人々は「衣食が足るぎりぎりの生活」から「小康生活(ややゆとりのある生活)」へとまい進している。中国の文化・クリエイティブ産業は発展の時期を迎えた。

上海万博は完璧な場を提供

上海万博は4つの面でけん引的役割を果たすことができる。まず、多様な文化交流のチャンスがあること。次に、万博は全国民のアイディアを集めたもので、上海の市民と企業だけでなく、全国各地がそれぞれのものを持ち寄り展示する。

そのほか、万博は全国が力を合わせて行う盛大な催しであり、全国各地の支持を得ると同時に、上海と周辺地域の協力を深めることにもなる。長江デルタ地区はともに万博とリンクし、これは地域経済の活性化推進に非常な大きな役割を果たすことになる。上海は今年2月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「デザイン都市」に認定され、「クリエイティブ・シティ・ネットワーク」に加盟した。上海万博を控えているため、これも絶好のチャンスを与えている。このネットワークに加盟したことで、世界の資源を引き入れることができ、国際的に優秀なデザインの企業と人材が上海を訪れ、上海の同分野の発展余地は大いに拡大することになる。

「チャイナネット」 2010年3月9日

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3