中国は世界一の経済体になる マンデル氏 > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


中国は世界一の経済体になる マンデル氏

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 1,696회 작성일 08-09-05 22:05

본문

ノーベル経済学賞の受賞者で「ユーロの父」と呼ばれるロバート・マンデル氏が、このほど行われた第4回北東アジア経済協力フォーラムで「北東アジアの本部拠点建設」と題するスピーチを行い、中国経済の発展情勢に対する見方を示した。マンデル氏によると、現在、中国は11%前後の国内総生産(GDP)成長率を維持しており、今後15~20年は8%を下回ることはない。2030年になっても急成長を続け、2050年には世界一の経済体になることが予想される。一人当たりの平均所得も増え続ける見込みだ。商務部が3日明らかにした。

マンデル氏は「中国の経済発展の大きなボトルネックはエネルギー問題だ」と指摘し、次のように述べた。中国は世界の石炭消費大国で、二酸化炭素排出量では世界の14%を占めており、うち85%以上が石炭由来だ。東北地域や中国全体の経済発展にとって極めて重要な点は、エネルギーの持続可能な応用に向けたルートを迅速に発展させ、石炭に過度に依存する現在の状況から脱却するということだ。

 「人民網日本語版」2008年9月5日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 32 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
900
어제
996
최대
1,120
전체
228,826


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.