• ブックマック
  • オンライン 9
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

経済・産業


経済成長が最も速い天津浜海ハイテク産業区

2,674 2010.01.06 12:39

첨부파일

짧은주소

본문

天津浜海ハイテク産業区

天津浜海ハイテク産業区の一角

天津浜海ハイテク産業区が設置されて以来、その主要な経済指標は十数年にわたって30%以上の成長率を保ち続け、中国でも経済成長の最も速い地方になっている。

2008年の金融危機で中国沿海地域の輸出指向のハイテク産業は大きな打撃を受けたが、天津浜海ハイテク産業区の主要経済指標は依然として30%の成長率を保った。

天津浜海ハイテク産業区の原名は、天津浜海ニューテク産業開発区で、1988年に市政府の認可を得て成立。1991年には国務院から最初の国家クラスハイテク産業開発区に承認され、2009年3月に国務院の批准を得て、天津浜海ハイテク産業開発区に名称を変更した。

天津浜海ハイテク産業区管理委員会の趙海山主任は「天津浜海ハイテク産業区の発展は現在、新たな段階に入っており、中国経済発展の第三成長の極地で、天津浜海新区の開発においてはイノベーションを牽引し、革新型国家戦略を貫き、中国のハイテクエリアの『世界一流を創る』を模索するなど、一連の重要な使命を担っている」と説明する。

未来をインキュベーション

カナダの飛行シミレーション機研究開発生産の宇宙技術会社で8年間働いていた谷増偉さんは、2003年に帰国して起業し、飛行訓練機械とシミュレーション機の生産に関する研究開発をしたいと思っていた。幸運なことに谷増偉さんの技術は天津浜海ハイテク産業区が計画する戦略的ハイテクプロジェクトの一つとなり、新区直属の企業から50万元の投資が得られ、登録資金100万元の会社、華翼藍天が誕生した。当時この技術は中国ではまだ空白状態で、2005年に中国の航空機ARJ21が入札を募集した時、谷増偉さんの会社は技術と価格の優位さで国内外の業者を押しのけた。

天津浜海ハイテク産業区には、国際創業センター、海泰科技園、華苑ソフトウエアエリア、南開大学科技園、髑ォ茂科技園、華科科技園の6つの国家クラスのインキュベーションがあり、独立した知的財産権を持つ一連の中小企業がこの中で成長し、しだいに天津浜海ハイテク産業区の高い成長を支える中堅になってきている。

自主改革は天津浜海ハイテク産業区の魂

この新区の最大の競争力は、絶えず完備し続けるイノベーション環境、豊富なイノベーション資源、活力の満ちたイノベーション理念にある。趙海山主任は「私たちの主導産業と優勢企業が自主イノベーションに根を下ろし、世界科学技術の新しい潮流に適応してこそ、私たちの発展は内生型の発展を実現し、牽引の役割を果たすことが出来る」と急速な発展の原因を説明する。

天津賽象科技株式会社を例に挙げると、この企業は主にオプト・メカトロニクス高級ラジアルタイヤ製造設備の開発と、工業用ソフトウエアを開発し、2008年の生産販売量は全国トップ、世界第4位だった。2008年までに合わせて84の特許を申請しており、6つの発明特許と26の実用型特許を取得している。

2005年に国家知的財産権テストエリアに認可された天津浜海ハイテク産業区は、研究開発、インキュベーション、産業化発展を主とした独立した知的財産権を持つ創造と転化のシステムを構築し、自主イノベーションの拠点を形成している。

2008年末までに天津浜海ハイテク産業区で知的財産権の戦略的テストを実施した企業は100社に達し、企業の特許申請数は1万2000件を上回っている。2008年の特許申請は全国のハイテク産業区で第3位だ。

2013年から2015年には、区内のハイテク産業企業の営業収入がハイテク産業区の総収入に占める割合を60%以上にし、各種の上場企業が50社を超え、従業員1万人当たりの理科系大学の卒業生が2500人以上になり、全面的にイノベーション型科学技術パークの各指標を実現することを目指している。

「チャイナネット」2010年1月5日

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 1 페이지
中国が金融市場を外資に開放する計画

中国が今年金融市場を徐々に開放する計画である。今月6日第一財経日報報道によれば、中国人民銀行は‘2009年国際金融市場報告書’を通じて次の段階は外国資本取引きの制限緩和、外国為替・債権・株式など金融市場の対外開放を促進しなければならないと明らかにした。 報告書は外資が中国金融市場取引きに参加するこ…

中国の住宅価格が前年比べ25.1%上昇

中国去年の住宅価格が前年(2008年)に比べて25.1%上昇して2001年以後9年ぶりに最も大きく上がった。 北京で発行される京華時報は1日に前日国土資源部の発表を引用して"去年全国105都市住宅価格は平均25.1%上がって2001年以後の最高値を記録したし、住宅価格は平均4千474元/㎡になった…

中国がドイツを抜いて世界2位の輸入市場に

昨年中国がドイツを抜いて世界2位の輸入市場に浮上した。 グローバル金融危機で全世界の輸入規模が大幅に減ったが中国の輸入比重は堅調な成長の勢いを見せたし、主要国家らの対中国輸出依存度も持続的に高まったことが分かった。 KOTRA中国地域本部は2日世界貿易機構(WTO)が最近発表した資料を引用してこ…

今月内に人民元為替レート制度を変更すると展望

中国の経済専門紙は中国政府が今月内に人民元為替レート制度を変更するものと展望した。 経済週刊誌である財経は1日に"中国政府が4月中に人民元為替レート制の変動幅を拡大する方案を検討している"と報道した。 報道によれば中央銀行の人民銀行と財政部、商務部など政府の経済部署らの間で人民元切上げに対しては…

人民元を3%切上げすれば中国企業の利益が30%~50%急減

"人民元を短期間内に3%切上げすれば家電、自動車、携帯電話などを生産する企業の利益が30%~50%急減する" 中国経済専門日刊紙である経済参考報は2日労働集約型業種商会で最近実施した'ストレス テスト'結果を引用して報道した。 新聞は実験の結果人民元切上げの時期が早いほど企業の利益が大幅に下落し…

中国の米国国債保有量が3ヶ月連続減少

中国の米国国債保有量が3ヶ月連続減少していることが明らかになった。 中国新華通信は16日米国財務部が前日発表した'国際投資流動性(TIC)報告書'を引用して"今年1月末現在に中国の米国国債保有額は8千890億ドルで前月より58億ドル減少した"と報道した。 報道によればこれは中国政府が昨年10月以…

日本2位 水上輸送センター競争力ランキング

世界の国際水上輸送センターの競争力指数が8日、上海市浦東新区で発表された。世界の水上輸送史上初の競争力に関するランキングで、1位は英国・ロンドン、2位は日本・東京、3位は中国・香港だった。世界の水上輸送センターを目指す上海は5位だった。 同ランキングは上海浦東国際金融航運双中心研究センターが作成し…

業界再編に関する新政策が両大会後に公布へ

中国工業情報化部の李毅中部長と苗蝨ゥ副部長は、記者の取材に応じた際、業界の制約をなくし、吸収合併の体制・メカニズムにおける障害を取り除くため、業界間の吸収合併・再編に関する指導意見を全国範囲で公布することを明かした。指導意見と『鋼鉄業の吸収合併・再編の指導意見』はすでに国務院に提出されており、両大会…

文化産業、中国の経済成長の新たなけん引役に

2008年には国内総生産(GDP)の一人あたり平均が3266.8ドルに達し、文化消費の規模は7千億元前後となったが、本来は4兆元前後が適切で3兆数千億元の不足があり、この分野の成長潜在力はきわめて大きいといえる。 文化産業は経済成長モデルの転換や構造調整の重要な構成要素であり、これからは経済振興と…

人民元が上昇するかどうかは市場が決めること

中国国家外為管理局の易網局長は9日午前、内外メディアの取材に応じ、人民元に関する質問に答えた。 記者の人民元為替レートに関する質問について、易網局長は次のように述べた。 人民元為替レートについて、温家宝総理と周小川中国人民銀行(中央銀行)総裁は中国側の考えをはっきり述べている。現在、人民元為替レ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?