中国農業、飛躍と発展の60年 体制変革など4成果 > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


中国農業、飛躍と発展の60年 体制変革など4成果

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,835회 작성일 09-08-16 15:47

본문

新中国の成立からの約60年間に、特に改革開放以降に、中国の農業は飛躍的な発展を遂げた。ある統計によると、穀物生産量は1949年の建国当時の1億1300万トンから、2008年は5億2800万トンに達して過去最高を更新し、約5倍に増加した。中新網が伝えた。

 

この数値から、中国の農業や農村に発生した驚天動地の変化がうかがえる。過去60年の間に、各種の農産品製品の生産量は、耕地が徐々に減少しているという情況の中で大幅に増加した。

 

「手元に穀物があれば、心は落ち着く」というが、13億の人口を抱える人口大国の中国にとってはまさしくそうだ。現在、中国の穀物総生産量は世界トップで、13億人の食糧問題を基本的に解決し、国内での穀物の安全性を保証するだけでなく、世界における穀物の安全性の促進にも貢献している。

 

中国の農民・農村・農業(三農)問題の専門家・陳錫文氏(中央財経指導チーム弁公室副主任、中央農村活動指導チーム弁公室主任)は過去60年間の中国の農村や農業の発展プロセスをふりかえり、次の4つの成果があったと結論づける。

 

(1)過去60年間に農村の体制やメカニズムが絶えず変革された。農村の体制・メカニズムが、農村社会の生産力の発展促進に一層プラスになり、農民の経済的利益や民主的権利の保障に一層プラスになることが変革の目標とされた。

(2)過去60年間に農産品の市場流通制度に極めて大きな変化が生じた。市場での流通が、国による買い付け統制や販売統制を受けていた状態から、2004年の穀物市場の完全開放を経て、農民が自主的に決定を下し、市場の需給関係に応じて価格を決定できる状態に変わり、農民の生産意欲が守られるようになった。

(3)農村の経済構造が変化した。以前は農業の生産構造は栽培業が中心だったが、現在その農業全体に占める比重は低下を続ける一方、牧畜業の比重が上昇を続けている。農民の就業構造もたえず調整され、変化しており、あるサンプル調査に基づく試算によれば、農業以外の職業に従事している農村地域の労働力は約2億5千万人に上り、農村労働力の約半数を占めるという。このため、農民の所得構造にも非常に大きな変化が生じた。

(4)農村の社会公共事業が発展・進歩を遂げている。ここ数年来、農村のインフラ設備がほぼ改善され、道路、電力、水道、ガスの各方面で発展を遂げた。義務教育保障制度や医療保障制度、社会保障制度も構築されつつある。

 

農業部がまとめた統計によると、新中国成立からの約60年間に、新しい農村建設が絶えず進められたことを受けて、農民の収入は100倍以上にも増加した。だが陳氏は次のように指摘する。過去60年間に、中国の農業や農村は飛躍的な発展を遂げたが、目立った問題もなお少なからず存在している。たとえば、なおぜい弱な農業インフラは強化が必要であり、停滞気味の農村の発展にはサポートが必要であり、農民の収入増加の前に横たわる困難は早急に解決する必要がある。三農問題はいまなお中国の経済発展における最重要課題だといえる。

「人民網日本語版」2009年8月14日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 11 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
900
어제
996
최대
1,120
전체
228,826


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.