上半期、中国の3分の2の省が経済成長率8%以上に > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


上半期、中国の3分の2の省が経済成長率8%以上に

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,904회 작성일 09-07-31 15:27

본문

現在までに、中国の27の省・自治区・直轄市(以下省と略)が、上半期の経済データを発表している。これらの公表済みのデータを見ると、13の省がGDP成長率10%を超え、19の省がGDP成長率8%を超えており、GDP成長率が8%を超えた省は3分の2近くを占めた。

専門家たちは、各地の経済成長に関するデータが中国経済の回復プロセスをいっそう裏づけ、通年で経済成長率8%以上を維持することに対し懸念はないと見ている。

経済成長率が全体的に予想を上回る

公表済みの27の省の上半期経済データを見ると、GDP成長率は全体的に予想を上回り、天津と内蒙古は成長率16.2%で全国をリードし、13の省が2桁の成長率を達成した。全国の平均成長率7.1%を下回ったのはわずか5省だった。

国家情報センター経済予測部の張永軍研究員は、各省で普遍的に景気回復の傾向が現れ、全国の経済回復をいっそう下支えしているという見方を示した。

現在までに上半期の経済データを公表している27の省のうち、天津、内モンゴル、四川、広西、重慶、安徽、陝西、吉林、遼寧、湖北、江蘇、江西、チベットの13の省がGDP成長率10%を上回り、19の省が成長率8%を上回っている。

投資の大幅な増加は、各地の経済回復をけん引する主な原動力となると見られている。張永軍氏は、国による大規模な景気刺激投資が地方の投資をけん引し、また、インフラ施設建設に巨額が投じられたことで鉄鋼などの工業生産をけん引し、これにより企業の利益が増加し経済全体の回復をもたらしていると分析する。

対外貿易大省の回復で全国の景気回復プロセスが加速

張永軍は、広東、江蘇、浙江、上海、山東、福建の6の省を主とする対外貿易の大省は、全国の経済情勢の変化を示すバロメーターで、金融危機による影響が最も深刻な省でもあり、これらの省の経済成長の加速化は、全国の経済回復プロセスがさらに速まる可能性があることを意味しているとの見方を示している。

広東省統計局の統計によると、今年上半期、同省はGDP1兆6538億元を達成し、前年同期比7.1%増となり、伸び率は第1四半期を1.3ポイント上回った。浙江省の上半期のGDP成長率は6.3%で、第1四半期を2.9ポイント上回った。

一方で張永軍氏は、地方経済を見ると留意すべき不確実な要因がいくつかあると指摘している。

全国平均水準7.1%を下回った省は、経済基盤が弱い新疆、甘粛、寧夏や順位を大きく下げた浙江と上海の5つだった。浙江と上海については、外需不振が経済成長鈍化の重要な要因となっている。

張永軍氏はまた、地方の統計基準と国の統計基準が異なるため、ここ数年は地方のGDP成長率の合計が全国のGDPデータを上回るようになっているという要因も考慮に入れる必要があると指摘する。しかし全体的に見ると、中国の通年の経済成長率8%維持の目標は実現できるとしている。

「チャイナネット」 2009年7月31日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 11 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
900
어제
996
최대
1,120
전체
228,826


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.