作成日 : 2010-02-25 11:35|HIT : 6039
中国は今後もたゆまず朝鮮半島の非核化に尽力

外交部の定例会見で23日、秦剛報道官が内外記者の質問に答えた。

----米国の朝鮮担当特別代表が明日から訪中するが、双方の会談では何が議題になるか。朝鮮代表による3月中旬の訪米の件も取り上げられるか。

米国のボスワース朝鮮担当特別代表が24日に訪中する。中国政府の武大偉・朝鮮半島事務特別代表と会談し、6カ国協議その他共通関心事について意見交換する。

朝米が近く接触するかどうかについてだが、中国は一貫して、6カ国協議の枠組内で関係国が多国間・2国間接触を継続することは、相互信頼の強化、2国間関係の改善促進、6カ国協議の推進にプラスであり、これによって朝鮮半島の非核化という目標の早期達成を促し、北東アジア地域の平和と安定を守ることが可能になると考えている。中国は一貫してこれを支持し、歓迎している。だがここで私が米朝間のスケジュールを正式に確認することはできない。米側もしくは朝鮮側に問い合わせていただきたい。

「人民網日本語版」2010年2月24日

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3