• ブックマック
  • オンライン 13
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

国際・政治

空母建造をめぐる議論について

4,338 2010.02.05 19:56

첨부파일

별점

  • - 별점통계:
  • - 평점 : 0점 (0명 참여)

짧은주소

본문

このところ、国外のメディアで「中国が空母建造に着手か」とかいう記事をときどき目にするようになった。ある外国の新聞などはご丁寧にもそれらしき建物の写真入りでかなり詳しく報道している。私はなが年国際ジャーナリズムの一分野で仕事をしてきたOBなので、日本の新聞はコラム、記事のすべてに目を通している。時には広告までシラミつぶしに見て、必要な新刊書を購入したりしている。しかし、もともと軍事問題とは関係のない、ソフトな分野を担当してきたので、これまでこういう硬質のテーマは、参考データと見なしていただけで、オープンに見解を開陳したことはなかった。また、このテーマはセンシティブなものなので、勝手なことを言って、私を今日まで育ててくれた元上司や先輩の顔にドロを塗っては申し訳ない、ということから、わが家の食卓で「一家言」みたいなものを吐露するだけであった。ところが、さいきんは国内でもいろいろな人が私見を発表しているので、私もなが年あたためてきた私見を披露してみることにした。

まず、主権独立国として一定の国防力をもつことは当然のことであり、空母を建造することも海軍力増強という面で当然到達すべきゴールだと考えている。私は軍事の専門家ではないが、太平洋戦争の海戦、ミッドウェー海戦等についても、知識欲からかなり蔵書を持っている。前世紀30年代、40年代から空母などは別にめずらしいものではなかった。したがって、中国が空母を建造したとしても決してサプライシングな話題ではないはずである。かえって、産業革命に乗り遅れたため、百数十年も屈辱をなめてきた歴史を振り返るならば、遅すぎたといっても過言ではない。

これは鉄鋼生産量が世界屈指の域に達し、30万トン級のマンモス、タンカーも建造できる時代に入った中国にとっては、チャレンジングな課題である。有人宇宙飛行にも成功しており、改革開放で経済力も増強している。そろそろ「和諧社会」、「科学的発展観」というコンセプトをベースして、先人がやりとげられなかったビッグプロジェクトにチャレンジしてもよいような気がする。

また、スーパーコンピューターのノウハウは中国に提供するな、無線操縦機を中国に提供するな、という子供じみたことを言い続けている連中がいるこの世の中で、自分でつくって見返してやるべきだとも考えている。そして、中国の自国の事柄なのに、中国の領海近くまで空母を派遣するような時代錯誤もはなはだしいケースもあった。これは中国人にとってはアヘン戦争の砲艦政策を思い起こさせるものであり、悪いことであるが、中国人を教育する効果は大いにあった。外国かぶれの傾向が少しはある中国の一部の若者たちにとっても、いいクスリになったはず。

さいきん、外国の侵略で学校が南西部に疎開した時代を経験した先輩たちと食事をする機会があったが、私たちは外国の侵略でさすらう生活はまぬがれ、ぜいたくはできなくても自分の好きな仕事を何十年も続け、楽しむことができた。庶民の実感として、しかるべき国防力がこれを保証してくれたと考えている。中国が外国にイエスかノーかと言われる時代が再び来ないように、私は庶民として空母の建造に賛同したい。そうすれば、私たちの子供の世代も、孫の世代も、しあわせに暮らせるにちがいない。以上は第一線から退いても、なお、ジャーナリズム「オタク」として楽しみつづけている人間の私見であることを重ねて強調しておきたい。

「チャイナネット」 2010年2月5日

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 246건 1 페이지
中国政府グーグルの中国撤収に反撃措置

中国政府がグーグルの中国インターネット検索市場撤収に対する反撃措置に出たとAP通信が報道した。 APによれば23日から中国本土内でグーグル チャイナ(www.google.cn)に接続して天安門民主化運動と関連した検索語を入力すれば"ページを表示できません"というメッセージとともにウェブ ブラウザ…

googleは中国市場から撤退し、日韓市場を攻略

中国政府との葛藤で中国事業の撤収が確実視されるグーグルが中国市場を離れて韓国と日本市場に集中するという観測が出てきた。 新民網は22日に外国報道を引用して"グーグルは早ければ22日に中国市場の撤収を発表して、これから韓国と日本市場を集中攻略するだろう"と伝えた。 報道によれば米国の研究会社ブロー…

朝鮮問題代表:今年上半期中に6カ国協議再開期待

中国政府朝鮮半島問題特別代表の武大偉氏(全国政治協商会議委員)は5日、新華社のインタビューに答え、「今年上半期中に6カ国協議を再開できるよう目指していく」と語った。 武代表は、「6カ国協議は昨年以来、新たな変化を迎えている。協議はすでに13カ月間、座礁に乗り上げている状態だ。このほど6カ国協議の各…

胡錦涛主席がザンビア大統領と会談

胡錦涛国家主席は25日午後、ザンビアのバンダ大統領と人民大会堂で会談した。両首脳は両国関係の新たな発展を積極的に評価。両国の友好協力関係の包括的で踏み込んだ前進を促すべく共に努力する考えで一致した。 胡主席は「中国はザンビアとの関係発展を非常に重視している」と強調。ザンビア側と共に努力して(1)誠…

中米両軍相互訪問の停止方針は変わらず

国防部の会見で25日、黄雪平報道官が記者の質問に答えた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 ----米国のゲーツ国防長官とマレン統合参謀本部議長は22日、中米の軍事交流はまだ中止されておらず、ゲーツ長官の訪中計画にも変更はないと表明した。今後の中米両軍交流についてコメントをいただきたい。 …

中朝、国境河川の橋建設・管理の合意書に署名

中国の呉海龍・外交部部長助理(外務次官補)と朝鮮の朴吉淵外務次官は遼寧省丹東市で25日、中朝国境を流れる鴨緑江の橋の共同建設と維持管理に関する政府間合意書に署名した。 「人民網日本語版」2010年2月26日

韓国防部長官、米軍の戦時作戦統制権存続を要望

韓国の金泰栄(キム・テヨン)国防長官は24日、アメリカが戦時作戦統制権を韓国軍に移譲することについて、「朝鮮の核とミサイルの脅威がある状況で、アメリカが韓国の防衛を担う体制が長く続くことを要望する」と述べた。 これは金泰栄国防部長官が韓国海洋戦略研究所の特別招請公演で述べたものだ。金泰栄国防部長官…

米朝鮮担当特別代表、北京を訪問

米国のボズワース朝鮮担当特別代表は24日夜北京で、「6カ国協議について、中国と有益な交流を行った。双方は、各側が6カ国協議の再開のために努力している現状や今後の見通し、関連プロセスをいかに推進するかについて意見を交換した」と述べた。 ボズワース特別代表は、「中国はこのほど、朝鮮と数回接触した。現在…

中国国防部長、日本陸上自衛隊幕僚長と会談

中国の梁光列国防部長は北京で24日、日本陸上自衛隊の火箱芳文幕僚長と会談した。 梁国防部長は「両国は政治的信頼を増し、経済や貿易、文化などの分野における交流と協力も強化してきた。中国は日本の国防機関との交流と協力を重視している。これまで収めた成果を大事にし、二国間における問題を適切に処理し、中日関…

中国は今後もたゆまず朝鮮半島の非核化に尽力

外交部の定例会見で23日、秦剛報道官が内外記者の質問に答えた。 ----米国の朝鮮担当特別代表が明日から訪中するが、双方の会談では何が議題になるか。朝鮮代表による3月中旬の訪米の件も取り上げられるか。 米国のボスワース朝鮮担当特別代表が24日に訪中する。中国政府の武大偉・朝鮮半島事務特別代表と会…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?