• ブックマック
  • オンライン 12
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

国際・政治

傅瑩氏が中国で2人目の女性外務次官に

2,980 2010.01.06 12:37

첨부파일

별점

  • - 별점통계:
  • - 평점 : 0점 (0명 참여)

짧은주소

본문

傅瑩

国務院はこのほど、傅瑩・駐英国大使を外交部副部長(外務次官)に任命した。1974年の王海容氏に続く、中国で2人目の女性外務次官の誕生だ。「中国新聞網」が伝えた。

 傅氏は現在57歳でモンゴル族出身。北京外国語学院英語学部を卒業後、英ケント大学大学院修士課程で国際関係学を学んだ。中国初の少数民族出身の女性外交官として、駐フィリピン大使、駐オーストラリア大使などを歴任した。読書や芸術を趣味とするほか、ゴルフやテニスなどスポーツも楽しむ。夫のカク時遠氏は民族学者で、中国社会科学院民族学・人類学研究所の所長。

 2008年3月にラサで暴行・破壊・略奪・殺害・放火の暴力事件が発生し、続いて一部の「チベット独立」分子が中国の駐英大使館を襲い、北京五輪のロンドンでの聖火リレーを妨害して以来、英国の一部メディアが一方的に中国を歪曲する報道を行ったことは記憶に新しい。この時、傅氏は駐英大使として、英国の政界、実業界、学会、報道界を東奔西走し、英国の主流メディアの取材に応じ、また文章を発表することで、真実の中国とチベット問題の背後の真相を、自らの言葉で英国の民衆に紹介した。

 傅氏は英紙「サンデーテレグラフ」への寄稿記事「もし西側が中国に耳を傾けることができたら」で、ロンドンとパリで聖火リレーが妨害された時の自らの心境を、細やかかつ感性ある筆致で綴り、チベットの社会・経済発展の現状を、数字や事実を挙げて紹介することで、中国への理解が元々不足していた西側の少なからぬ読者の心を動かした。

 「人民網日本語版」2010年1月5日
댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 246건 1 페이지
中国政府グーグルの中国撤収に反撃措置

中国政府がグーグルの中国インターネット検索市場撤収に対する反撃措置に出たとAP通信が報道した。 APによれば23日から中国本土内でグーグル チャイナ(www.google.cn)に接続して天安門民主化運動と関連した検索語を入力すれば"ページを表示できません"というメッセージとともにウェブ ブラウザ…

googleは中国市場から撤退し、日韓市場を攻略

中国政府との葛藤で中国事業の撤収が確実視されるグーグルが中国市場を離れて韓国と日本市場に集中するという観測が出てきた。 新民網は22日に外国報道を引用して"グーグルは早ければ22日に中国市場の撤収を発表して、これから韓国と日本市場を集中攻略するだろう"と伝えた。 報道によれば米国の研究会社ブロー…

朝鮮問題代表:今年上半期中に6カ国協議再開期待

中国政府朝鮮半島問題特別代表の武大偉氏(全国政治協商会議委員)は5日、新華社のインタビューに答え、「今年上半期中に6カ国協議を再開できるよう目指していく」と語った。 武代表は、「6カ国協議は昨年以来、新たな変化を迎えている。協議はすでに13カ月間、座礁に乗り上げている状態だ。このほど6カ国協議の各…

胡錦涛主席がザンビア大統領と会談

胡錦涛国家主席は25日午後、ザンビアのバンダ大統領と人民大会堂で会談した。両首脳は両国関係の新たな発展を積極的に評価。両国の友好協力関係の包括的で踏み込んだ前進を促すべく共に努力する考えで一致した。 胡主席は「中国はザンビアとの関係発展を非常に重視している」と強調。ザンビア側と共に努力して(1)誠…

中米両軍相互訪問の停止方針は変わらず

国防部の会見で25日、黄雪平報道官が記者の質問に答えた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 ----米国のゲーツ国防長官とマレン統合参謀本部議長は22日、中米の軍事交流はまだ中止されておらず、ゲーツ長官の訪中計画にも変更はないと表明した。今後の中米両軍交流についてコメントをいただきたい。 …

中朝、国境河川の橋建設・管理の合意書に署名

中国の呉海龍・外交部部長助理(外務次官補)と朝鮮の朴吉淵外務次官は遼寧省丹東市で25日、中朝国境を流れる鴨緑江の橋の共同建設と維持管理に関する政府間合意書に署名した。 「人民網日本語版」2010年2月26日

韓国防部長官、米軍の戦時作戦統制権存続を要望

韓国の金泰栄(キム・テヨン)国防長官は24日、アメリカが戦時作戦統制権を韓国軍に移譲することについて、「朝鮮の核とミサイルの脅威がある状況で、アメリカが韓国の防衛を担う体制が長く続くことを要望する」と述べた。 これは金泰栄国防部長官が韓国海洋戦略研究所の特別招請公演で述べたものだ。金泰栄国防部長官…

米朝鮮担当特別代表、北京を訪問

米国のボズワース朝鮮担当特別代表は24日夜北京で、「6カ国協議について、中国と有益な交流を行った。双方は、各側が6カ国協議の再開のために努力している現状や今後の見通し、関連プロセスをいかに推進するかについて意見を交換した」と述べた。 ボズワース特別代表は、「中国はこのほど、朝鮮と数回接触した。現在…

中国国防部長、日本陸上自衛隊幕僚長と会談

中国の梁光列国防部長は北京で24日、日本陸上自衛隊の火箱芳文幕僚長と会談した。 梁国防部長は「両国は政治的信頼を増し、経済や貿易、文化などの分野における交流と協力も強化してきた。中国は日本の国防機関との交流と協力を重視している。これまで収めた成果を大事にし、二国間における問題を適切に処理し、中日関…

中国は今後もたゆまず朝鮮半島の非核化に尽力

外交部の定例会見で23日、秦剛報道官が内外記者の質問に答えた。 ----米国の朝鮮担当特別代表が明日から訪中するが、双方の会談では何が議題になるか。朝鮮代表による3月中旬の訪米の件も取り上げられるか。 米国のボスワース朝鮮担当特別代表が24日に訪中する。中国政府の武大偉・朝鮮半島事務特別代表と会…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?