西側の『チベット独立』支持は反中国感情が災い・フィガロ社説 > 国際・政治

本文へ
サイト内検索

国際・政治

西側の『チベット独立』支持は反中国感情が災い・フィガロ社説

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,102회 작성일 08-04-29 00:23

본문

フランスの新聞フィガロはこのほど「排斥の陥穽(かんせい)」と題する社説を掲載し、西側で起きた「チベット独立」を支持する行動では、「人権の大きな旗」の背後に反中国感情が隠されている、と指摘した。

社説は「西側が『チベット独立』を支持する行動から反中国感情、つまり、人権の旗の下に隠された敵意を感じ取ることができる。これはまるで70年代と80年代に起きた西側の日本に対する敵意を連想させる。今日の中国はまさに当時の日本と同様、世界経済の均衡を揺り動かししているからであり、「メイドインチャイナ」への恐れはこうした敵意にさらに油を注ぐことになる」と強調。

さらに社説は「『高尚な防衛線』という価値が社会的に広まっている中、時にナショナリズムという悪臭が放たれるのは、西側が宣揚する原則に反するものである。『チベット独立』を支持する行動には実際、西側の複雑な気持ちが屈折されている。グローバル化の代表である中国を前に、西側は呆然としなす術を知らないでいる」と指摘している。

「チャイナネット」2008年4月28日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 246건 24 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,046
어제
1,026
최대
1,348
전체
391,543


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.