• ブックマック
  • オンライン 12
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

国際・政治

Total 246건 2 페이지
新華社、「ダライ・ラマの主張が事実に背く」

新華社通信が21日、署名入りの文章を発表し、「ダライ・ラマ集団がこのほど発表した『中国共産党の言う旧チベットが封建農奴制社会であるというのはフィクションである』という文章は、まったく客観的事実に背いたものだ」としている。 ダライ・ラマ集団が1月5日発表した文章は、1949年前のチベットを「自給自足…

在米華人、米大統領のダライとの面会に強い不満

米政府がオバマ米大統領とダライ・ラマ14世との面会を故意に手配したことに対し、米国在住の華僑・華人が再び強い不満を示した。 米紙「僑報」は19日発表した「ダライとの面会、オバマの一手は骨折り損」と題する社説で、ホワイトハウスは台湾やチベットなど中国の核心利益に関わる問題に注目し、中国政府が提案した…

総領事:チベットは驚くべき速度で発展している

在西蔵(チベット)ネパール総領事のウパダヤ氏はこのほど、チベットの近年の変化について、「チベットが驚くべき速度で発展しているのを目の当たりにした。チベットの発展は、物質的にも文化的にもバランスの取れた発展だ」と興奮気味に話した。 ウパダヤ氏は2007年にラサのネパール総領事に就任して以来、すでに2…

各国首脳、万博への期待を語る

中国伝統の春節(旧正月)にあたり、ここ連日、国連のパンギムン事務総長、アメリカのオバマ大統領、欧州委員会のバローゾ委員長、日本の鳩山由紀夫首相、イギリスのブラウン首相をはじめとする世界各国の政府首脳が相次いで中国の人々に新春の挨拶を送り、上海万博へ期待を寄せた。 寅年は幸運、勇気と実力の象徴だと見…

中国、朝鮮半島情勢と6カ国協議を重視

外交部の定例会見で11日、馬朝旭報道局長が内外記者の質問に答えた。 中国政府が「朝鮮半島事務特別代表」を設置したことについて、馬報道局長は「中国政府はこのほど、武大偉氏を6カ国協議および関係問題を主管する朝鮮半島事務特別代表に任命した。朝鮮半島事務特別代表の設置は、朝鮮半島情勢と6カ国協議への中国…

中国共産党中央が党外人士迎春座談会を開催

中共中央は中国人民の伝統的祝日である春節(旧正月)を控えた2月10日午後、中南海で「党外人士迎春座談会」を催した。各民主党派中央と全国工商業連合会の指導者、無党派層の代表が一堂に会し、国家の大計を話し合い、友情を語り合い、喜びの中新春を迎えた。 胡錦濤・中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席…

金桂冠・朝鮮外務次官の訪中について

外交部の馬朝旭報道官は10日、記者の質問に、朝鮮の金桂冠外務次官が武大偉・中国政府朝鮮半島事務特別代表の招待で訪中し、中朝関係、6カ国協議、共通関心事について意見交換したことを明らかにした。 「人民網日本語版」2010年2月11日

中国政府、武大偉氏を朝鮮半島特別代表に任命

中国政府は武大偉前外務次官を朝鮮半島事務特別代表に任命した。6カ国協議など関係問題を主管する。 「人民網日本語版」2010年2月11日

朝鮮外相が国連事務次長と会談

朝鮮の朴宜春外相は10日、国連のパスコー事務次長と平壌の万寿台議事堂で会談した。同日の朝鮮中央通信は会談自体は伝えたが、具体的な内容は明らかにしていない。 パスコー事務次長は潘基文事務総長の特使として、4日間の滞在予定で9日に平壌入りした。国連高官の訪朝は04年以来。 「人民網日本語版」2010…

中国は強国になっても覇権を求めず

外交部の定例会見で9日、馬朝旭報道官が内外記者の質問に答えた。 ----中国が最近米国による台湾への武器売却など一連の問題で強烈な反応や強硬な態度を示しているのは、国力の増強にともない、中国が国際舞台でどんどん勢いを強め、国際問題で主導的地位を得ようとしていることを示しており、「強くなった国は必ず…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?