中国で食べる

天福号食品厂

페이지 정보

본문

846.jpg
北京市天福号食品厂の前身は、声望高き天福号肉舗である。天福号は清代の乾隆3年(西暦1738年)に創業された。

 話によると、乾隆3年に山東出身の劉鳳翔が北京へ来て生計を立てようとした。醤肉(肉の醤油漬け)の店を開き、醤肘子(豚のもも肉の醤油漬け)、醤肉、醤肚(動物の胃袋)などを売った。しかしずっと売れ行きはよくなかった。ある日、劉鳳翔は中古品売り場で、顔体楷書で「天福号」と書かれている古い扁額があるのを見つけて買った。そして店の門の横木のところに掛けた。その後、客が少しずつ増え始めた。「天福」が本当に舞い降りたのである。

 天福号の醤肘子は材料選びにこだわっていて、生後一年半ほどの子豚の前足を使用し、作り方は念入りで丁寧である。独自の味を生みだし、ずっと繁盛している。

 たゆまぬ努力を経て今や北京市天福号食品厂は、相当の規模を持つ企業へと発展した。消費者の需要を満足させるために、西単路入り口の専売店以外にも、西直門内大街に分店を出し、さらに市内の各大型デパートにも売り場を設け、独自の販売ルートを形成しつつある。

 「チャイナネット」資料

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 33건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 84 명
  • 오늘 방문자 757 명
  • 어제 방문자 825 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 52,304 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개