中国料理を楽しむ為の10のTIPs > 中国旅行TIPs

본문 바로가기

サイト内検索

中国旅行TIPs

中国料理を楽しむ為の10のTIPs

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 17:30 view 5,937回 コメント 0件

本文

1. 人数によって店を探す 

中国飲食店の料理は種類が多様で食べ物の量が多いから一人で 2,3種料理をさせてすべて食べるにはあまりにも多い。 4人で一緒に行ったら 4~6種の食べ物を注文すれば良いし

もしひとり店になったら一般飲食店よりは ’永和大王’や‘成都小吃’という中国式ファーストフード食堂をお勧めする.

2. お冷やはただで飲むことができない

中国では普通、お冷やを飲まない。 水の質があまり良くなくて沸かして飲むとか熱いお茶を飲む。お冷を是非飲みたい場合はお金を出して注文して飲まなければならないし、お冷を出せない店も多い 水を飲もうとすればお湯 ‘白開水(バイカイシュエイ)’を注文するか、水を予め用意して入った方がいい。


3. 多様な材料, 料理方法, 味, 色の料理を注文する

肉類と魚類, 野菜料理をめいめいにさせて、 辛い味、 甘口、酸味の食べ物をあれこれ注文する。 とても当たり前ようですが、中国人たちが注文することを見ていればこの原則にとても充実であるのを実感する。あれこれ注文して食卓いっぱい多様な食べ物がふんだんにあることを見れば食べなくてもお腹が一杯になる感じ。


4. 回族の飲食店である (清真)料理店には豚肉料理がない

ムスリムを信じる中国少数民族中ひとつの回族は豚肉を食べないし豚肉を注文されるか ‘豚’という言葉を聞くこともすごい侮辱と思うから彼らのための専門飲食店まである。清真料理店が中国各地にかなりあるが、豚肉を食べたければ一般料理店へ行かなければならない。


5. 地域別に合う料理を選択して食べるコツ

北方地域では豚肉, 羊肉料理をたくさん食べて、南方地域では海産物料理が多い

海と近い所では海産物が生き生きしい美味しいですが北京、西安などでは冷凍で運んでくる海鮮品が多く美味しくも安全でもないので内陸都市では海産物が入った料理は避けるべき。


6. 各料理店の自慢な料理を食べる

中国の料理店には各店の自慢料理があり、大抵は店の名前からも推測出来るはずですが

写真とか説明が無いメニューを出す場合は服務員に当店の自慢料理を聞いて注文することが出来る。中国語で自慢料理を (拿手好菜 ナーソウ ホウーザイ)と言うので 従業員に推薦して貰うことも良い方法。


7. 日本人が苦手な食材を避ける方法 

‘香菜(シャングチァイ)’が入っているのか確認して注文する.

香菜は中国人がとても良く使う調味料のひとつですが香がとても強くて初めて食べる人にはあわない場合が多い。中国の人々までも全く食べれない人もある程なので料理を注文する時は(不要香菜 プヨウ シャングチァイ)と言うのを忘れずにしよ。


8.魚料理に気をつける

中国では現在も魚料理は淡水魚が主流で内陸の地方で魚料理を注文すれば当たり前の用に淡水魚ばかり出てくる。中には日本人が苦手な 蒸し魚や煮魚などの料理も有って良く確認して注文する必要がある。大抵魚料理を自慢とする店は店の魚灌に入れてる魚を指名出来るので食べる場合は自分の目で活きた魚を確認した上注文するようにしましょ。

 

9.料理の順番を事前に了解する

中国では料理の注文順じゃなく 冷茶、凉菜、熱菜、お汁、主食の順に出る。

中国人は面類を主食する人が多くまず料理を食べてから主食を食べるので料理とご飯を一緒に食べたい時は予め料理とご飯を一緒に持ってくるように注文する必要がある。  


10.無理な注文は避ける

中国の普通のテープル式の料理店では灰皿が無い店が殆どである。禁煙する訳でもないが食べ屑や灰などを全部地に捨てでも構わない店が多い。

逆に服務員に何回も灰皿をお願いしてもなかなか持って来られないし、何回も言うと逆切れする服務員も居るそう。後での掃除が大変そうなのに其処までは気を使ってないみたい。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 13件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.