6 満州族 > 中国少数民族

본문 바로가기

サイト内検索

中国少数民族

6 満州族

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 03:05 view 7,282回 コメント 0件

本文

2109796196_72b668c9_6+manzu.jpg
人口は約982万1180人。 

 満州族は全国各地に分布し、その中でも遼寧省が最も多い。  

 満州語を使用し、この言語はアルタイ語系、満州・ツングース語派、満州語分支に属する。南、北2種類の方言がある。漢民族とともに生活し、密接に触れ合っているため、今の満州族は中国語を使うようになり、ただごく少数の辺鄙な満州族が集まって居住している村では、少数の年寄りが満州語を使っている。16世紀末、モンゴル語を基礎として満州語をつくった。現在、満州族はみんな漢字を使っている。

 満州族の人たちはかつて多くの神を祭るシャーマニズムを信奉していた。今ではシャーマニズム信仰はもう残っていない。

 満州族は長い歴史をもつ民族で、その祖先は2000前の粛慎人までさかのぼることができ、その子孫たちは「ユウ婁」、「勿吉」などと呼ばれていた。満州族の人びとはずっと長白山以北の黒竜江の中・下流、ウスリー川流域の広大な地域で生活していた。「黒水」は満州族の直系の祖先で、その後女真へと発展をとげた。12世紀に、金王朝を創建した。1583年、ヌルハチが女真族の各派を統一し、八旗制度を創設し、満州語を作り、1635年に、民族の呼称を「満州」とした。八旗制度は政治、軍事、生産という三つの面の職能を持ち、満州族社会の根本的な制度となった。1636年、皇太極が帝となり、国号を清と改称した。1644年、清の軍隊が山海関の内側に入り、清の王朝は中国の統一中央集権の最後の封建王朝になった。1911年の辛亥革命以後、満州族と称されている。満州族は中国の統一、国土の開拓、経済・文化の発展に大きく寄与した。







SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 53件 4 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.