中国人物

包拯-包青天

페이지 정보

본문

包青天(包拯:999~1062)は北宋時代の有名な政治家である。字は希仁、名前は拯、(廬州合肥:今の安徽省合肥市)出身である。 彼は端州知州、監察御使、三司戸部判官、京東・陝西・河北路転運使、三司戸部副使・知諌院,瀛州・揚州・廬州・池州・江寧・開封府知府および三司使を経て、嘉祐6年(1061)には官職が枢密副使に達し、1062年に包拯は享年64才で病死した。

彼が死んだ後にはまた彼を礼部尚書に追贈して、諡号を'孝粛'とした。 現存する彼の文集では≪包拯集≫ ≪包孝粛公奏商議≫ などがある。

包拯は伝記的な人物で南宋と金代にすでに彼を主人公とした小説と戯曲などが出現したし、元代には包公戯、包公伝説、説書話本、小説などで包公を称賛した作品が非常に盛んに行われた。 明代には各種伝奇地方戯と数百冊に達する小説絵本≪包公案≫で一層発展したし、清代にはまた≪龍図公案≫ ≪三侠五義≫ ≪七侠五義≫ などの長編小説まで発展した。

今に至っても中国の地方劇はもちろん戯曲と小説の中で包拯を主題にした作品はたくさん伝えられている。 1993年から彼を主人公にした「包公」劇集があふれ出て、約500余編の映画が製作されたし、これで包拯は中国はもちろん周辺国でも包青天という名前で人気を呼んだ。 彼はすでに時間と空間を超越して清白吏の典型的な人物としてその名声が高い。

北宋真宗咸平2年(999)包拯は伝統的な学者家で生まれた。 彼の父親は宋朝の下級官吏であった。 北宋仁宗天聖5年(1027),包拯は進士に及第して建昌県知県に任命されたが年齢が多いご両親を扶養するために官職を辞任した。 何年後両親が皆亡くなるや墓場に草幕を作って3回忌を済ませた後にも名利をむさぼらないで故郷で正直で素朴な生活をした。

北宋仁宗景祐4年彼は天長県(今の安徽省天長県)の知県に任命された。 約40才余りになってはじめて政界に足を入れることになったが、この時から彼は死ぬ前まで意志の強い性品で清廉潔白と公平無私な政治を広げることによって偉大な足跡を中国歴史に残すことになった。包拯は生きては清白吏で人々の称賛を受けただけでなく、死んだ以後にも人々は彼を清白吏の典型的な人物として彼をあがめて'包公'とした。 民間には包拯が公平無私にことを処理して腐敗した権力者らを果敢に処断するお話と包拯の裁判を扱った戯曲・小説などがたくさん伝えてきている。 たとえそれら中には虚構的な話も多いがそこには清白吏に対する人々の尊敬が反映されている。 貪官汚吏と悪徳土豪勢力を清算したことは包拯の生涯で最も引き立って見えて最も称賛を受ける部分である。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 55건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 86 명
  • 오늘 방문자 905 명
  • 어제 방문자 825 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 52,452 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개