趙匡胤 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

趙匡胤

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-21 01:00 view 7,904回 コメント 0件

本文

宋の太祖-趙匡胤


紀元 960年に宋朝を立てた宋太祖趙匡胤は中国歴史で有名な皇帝の一人である。 彼は軍隊内部の反乱を通じて皇位に即位したし中国の分裂局面を終わらせて統一を成す為の一定な基礎を用意して置いた。
趙匡胤が皇位に即位する前、中国は四分五裂な時代に処していた。 早くきらめき輝いて美しさを誇った唐朝が 907年に終末を告げた後短い50余年間中国中原地域は後梁、後晉、 後唐、後漢、後周など 5つの朝代が興亡を繰り返えした。 南方と北方地域には10個の割拠政権が出演したが後世では合わせて5代10国だと呼んでいる。 この期間各政権たちは相互攻撃、掠奪を繰り返したせいで庶民達は暮すことができなかったし社会は極めて不安な状況に処するようになった。
趙匡胤は後周の将軍だった。 戦争に対する卓越な才能で君主から信任を得た趙匡胤は昇進を繰り返えしながら後周の軍の最高統率者で浮び上がった。 959年後周君主が行軍途中死亡しながら 5歳になる幼い息子が即位するようになったが軍事力を堅たく掌握した趙匡胤はこの時から軍事反乱を準備し始めた。 
960年新しい一年が始まることと同時に趙匡胤は噂を流して大軍を出動して出撃する振りをしながら開封近所の陳橋駅に進撃した。 陳橋駅に攻めこんだ趙匡胤の弟と親臣たちは軍営で反乱を先導する一方兵士らを導いて皇帝が着る黄袍を趙匡胤の身にかけて彼を皇帝に推戴した。 趙匡胤も反対の意志を示さず皇帝に自任しながら大軍を導いて都城に向けて進軍した。既に開封を守護していた禁軍統率者の石守信などは何らの抵抗もしなかったまま趙匡胤に首都統制権をそっくりそのまま渡した。 朝廷の大臣たちも仕方なく趙匡胤のために即位式を断行し、趙匡胤は正式に皇帝の宝座に上がるようになったし国号を "宋"で決めたが当時趙匡胤は33歳だった。 歴史的にこの事件を "陳橋の変 または "黄袍加身"と呼んでいる。
中国歴史上平民から始めた君主たちは新しい王朝を建立した後に自分の地位を強固にするために一緒に出征して争った功臣たちに対して残酷な手段で殺してしまう事例がたくさんある。 紀元前3世紀末漢朝を建立した劉邦、 14世紀明朝を建立した朱元璋をその例であげることができる。 趙匡胤は即位した後 5代10国を共管したが軍事反乱はずっとあった。 彼は手下に自分を真似して新しく反乱を起こして自分の権力を取り替えようとする者がいないかと心配していたしこの問題で趙匡胤は特別な対策を取った。
趙匡胤はまず陳橋反乱に参加したとか陳橋反乱に支持を示した将軍たちを相手で官庁の職位を下賜して彼らを利用して自分を反対する勢力を無くすように措置した。 情勢が安定した後趙匡胤は石守信など高級将校たちを招待して宴会を開き、宴会参席者たちが酒興が熟す頃に趙匡胤は急に彼たちを遠ざけて厳肅な表情で将軍たちを向けて "もしあなたたちの力がなかったら私は皇帝になることができなかったはずたが、皇帝になった後私は毎日安心して寝る事ができない"と言った。 この言葉は聞いた将軍たちは驚きを示しながら "私たちが皇帝に敢えて異心を持つことができますか?"だと返事した。 趙匡胤はこの時 "あなたたちはたとえ皇位を貪らないとしてもあなたたちの手下に富貴を夢見る者等があるようで恐ろしいのです。 もしあなたたちに黄袍をかけてくれる人々がいればあなたたちも断る力がないのではないのか。"と言った。それで将軍たちはどのようにすれば皇帝が安心するようにできるかと問った。 
趙匡胤は大きく一息を吐き出しながら "実は人生で一番重要なのは財物だろう。 あなたたちは初めから権力を出して地方に降りて地を買って豪華邸宅作っておいて暮しながら私と親戚で過ごすのがもっと良いことらしい"と返事した。 将軍たちは趙匡胤の言葉の意味を完全に理解することができた。 明くる日すべての将軍たちは皇帝に辞職書を提出したし趙匡胤はまさに彼らの職務を解任しながら彼らと親戚関係を樹立した。 これがまさに中国歴史で有名な "杯酒釈兵権" (お酒一杯で権勢を奪うという意味)である。 後世の歴史学者たちはその他の開国皇帝たちと比べて趙匡胤は "仁"と "誠"で国を建てたと評価している。
趙匡胤の政治手腕はこれだけではない。 彼は唐朝の滅亡と 5代10国で絶えず発生する反乱から教訓を得た後さまざまな手段で地方政権の兵権と財政権を弱化させた一方官僚制度と軍事制度の改革を通じて官員たちの間相互牽制する制度を強化したし最終はすべての権力が皇帝の手元に集中されるようにした。 また国内統一の序幕を開くことで徐徐に南方割拠勢力を壊滅したしその後 3回にわたって北方政権に対する攻撃を発動した。
紀元 976年 49歳になる日に趙匡胤は北伐の途中に病気で死んだが弟である趙光義が皇位を受け継いだ。 趙匡胤はたとえ本当に中国統一を実現することはできなかったが、しかし唐朝末期以来長期間にかけた列国たちの紛争と続く戦乱の混乱する局面は終わらせた功績は歴史によって評価を受けた。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 3 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.