蘇軾-蘇東坡 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

蘇軾-蘇東坡

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-31 00:04 view 9,627回 コメント 0件

本文

714.jpg

蘇軾-蘇東坡と呼ばれる宋代の大文豪


11世紀宋代の大文豪である蘇軾は詩、散文、書道、絵画など多い分野で傑出した成果を成すことで中国古代文学史で重要な地位を占めている。
蘇軾は蘇東坡とも呼ぶのに1037年中国西南四川省眉洲のある官僚家庭で生まれた。彼のお父さん蘇洵も当時有名な文学家だったが家庭の影響で蘇軾は小さい頃から文学に特別な愛着を見せたし、早くから珍しい天賦を誇ったりした。 蘇軾とお父さん蘇洵、弟の蘇轍を置いて中国文団では"3蘇"と呼んだりするのにこの三人はそれぞれ7世紀から12世紀までの中国唐宋二つの朝代の一番傑出した8大家行列に入ったりする。

蘇軾は詩分野でとても大きい成果を成した。中国の古典詩歌は唐時に来て全盛期を迎えながら李白、杜甫のような傑出した詩人たちを排出したりした。9世紀末期に至って中国の古典詩歌形式に徐徐に新しい変化がおこり始めたが、文句の長さと短さがもっと自由になるなど詩人たちの創作空間がもっと広くなったし、詩表現内容ももっと豊かになった。こんな新しい詩の表現形式を置いて人々は"詞"と呼んだりしたし、詞はその後発展過程で多い流派が形成されたが、表現しようとする内容が狭小であるなど制限を受けた。11世紀に至って蘇軾は詞の素材、風格、技巧に対して大胆な試みと革新を断行しながら当時文団の巨匠で浮び上がった。

蘇軾は一生の間多くの優秀な作品を創作した。彼の代表作では3世紀長江流域で重大な戦役である赤壁大戦の昔の戦地を素材とした"赤壁懷古"があるが、戦地を見回った自分の感じを作品に盛り出した。代表的な詩句では"大きい川は東に流れ、 千古の風流人物を積んで行くのね"がある。
これは大自然の雄大な情景を描くことといっしょに当年英雄人物たちに対する追慕の情を表現した詩句でもある。彼のまた他の代表作"姜城子"は世を去った奥さんを記念して書いた作品だ。 ここで蘇軾は"十年の生死別離歳月は変わっても、 君に対する懐かしさ始終加えて行くのね。 千里を離れて苦しささえ哀訴できないね。たとえ会うとしても君は白髪の見窄らしい私を見知ることができなかろう"    という文章で世を去った奥さんに対する懐かしさを哀切に描いた。

一方蘇軾が弟に送った"長く生きて、あの美しい月を一緒に享受したら"という句節はもう人々がお互いに美しい祝福を取り交わす名句と定着した。 
 
蘇軾は散文分野でも卓越な成果を成した。特に旅行記分野で後世の模範となる傑作を残しておいたが、記載によれば今まで伝わって残された蘇軾の詩作品はおおよそ2千7百編ぐらいに達してこんな作品は皆素材が広範囲だ。敍情詩があるうえ政治詩もあってまた政治評論、絵画評論などもあって文学的な価値はもちろん歴史的な価値がとても豊かだ。
 
文学分野の成果を除いてからも蘇軾はまた書道、絵画分野でも独特の成果を成した。当時彼は全国的に4大書家という称号も所有していたし、絵画分野での蘇軾の寄与はもっと大きい。蘇軾以前は中国伝統書道が多くは人々から一種の伎芸に認められただけで詩歌のような気高い芸術とは認められていなかった。これに関して蘇軾は初めで "文人画"という概念を出して詩、 書道、 絵画を一体化にすることを主張した。彼の高い盛望と認知度としてこの理論は発表し始めたばかりに知識人階層の呼応を受けた。して蘇軾の時代から"文人画"は徐徐に中国伝統絵画の一種類で席を固め始めた。
 
歴史的に多くの文学家たちと同じく蘇軾も早く長い間官吏に携わっていたのにその盛望がとても高かった。中国東部の有名な観光都市杭州市へ行けば今も彼の遺跡地を見られる。杭州の地方行政長官職にいながら蘇軾は杭州の西湖に対して大規模整理を進行したが、湖で掘りだした土を利用して長い堤防を積んだし、橋を建設して道路をつくって水上交通に便利をはかった。後に人々は蘇軾が湖に建設した堤防を"蘇堤"と呼んだし、今もこの蘇堤は杭州の有名な観光の名所で残っている。
 
知られたのによると当時杭州人々は蘇軾のこのような挙動に感謝を示す心で毎年お正月になれば多くの豚肉を蘇軾にプレゼントしたが、蘇軾は人々をさせてこの肉を全部切り身にした後料理を作って民たちに分けてやったと言う。 ところでこの料理はその味がとても一品だったと言って、その後多い人々はこの料理を真似して作ったし、また料理に蘇軾の名前までつけて"東坡肉"と呼んだと言う。現在 "東坡肉"は中国で有名な料理だ。
 
蘇軾に関する多くの話は中国人たちに広く知られた。蘇軾の故郷四川省眉州市へ行くと蘇軾の三父子を記念するために建てた"三蘇祀博物館"があるのに人々はこちらで蘇軾の家門の歴史と生活に対して詳しく調べることができる。 博物館に設置された蘇軾研究会ではまた定期的に国際的蘇軾フォーラムを開催することでこの傑出した文学家を記念している。


SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.