王安石 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

王安石

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-30 23:14 view 7,493回 コメント 0件

本文

028.jpg
中国北宋時期政治家、文学家である王安石

 
 
王安石は政治、 経済など分野で前例のない改革を断行して当時はもちろん後世にまで大きい影響力を果たした人物である。 1021年ある官吏の家庭で生まれた王安石は幼い時代から特別な聡さを見えた。 伝えによると、彼は一度読んだ本ならその内容を全部憶えたし、文章を書き始めれば筆を置くことができなかったと言う。 ちょっと誇張された説法だろうが、小さい頃ご両親に付いて全国を遊覧した経歴と立派な家庭教育は彼を早く成長するようにした。

王安石は幼い年齢に "傷仲永"と言う散文を書いたが文章で王安石は"神童"方仲永に会った話を敍述している。方仲永は 5歳から詩をよく作ったが聡い息子を持った方仲永のお父さんはよく方仲永を連れて社交場所に姿を現わしながら報酬を受けた。 その後ずっとこんな事に時間を過ごした方仲永は勉強する暇がなく、方仲永は大人になってからとても平凡な人になってしまうと言う事が書かれている。

 この文章は王安石が自分を励ますために書いた文章だと見られるのに方仲永の経験に照らして王安石は終始勉強に怠らなかったし、後で一人の偉人になった。 その後王安石が書いた散文 "傷仲永"は勉強に怠らないように学生たちを教える模範文章になったし、今までも中国の中学校教科書に載っている。 

王安石は 21歳の時に官職に着きながら先後で多くの地方で中、下層官吏職に任した。 その後 20余年間王安石はちゃんと自分の管理範囲内の社会改革と実験を断行したし、甚だしくは皇帝が下賜した進級も何回断りながら十分な実践経験を積んでもっと大きい範囲で改革を推進する時だと感じた時期になってからこそ、皇帝が任命した官職を受諾した。
1070年50歳になった王安石は既に豊かな社会実践経験を持つようになった。 この年王安石は宰相職に任命されたし、皇帝の支持下で王安石は全国的に重大な改革を実施し始めた。 

王安石が断行した改革は "天地開闢の変化"と形容するほどに強度が高かった。 経済から財政、 軍事に至るまで法の改訂をしない分野とはなかった。 これが中国で有名な"王安石変法"である。新たに改正した法律は政治家としての王安石の能力を充分に誇示した。 学者たちは甚だしくは王安石の "青苗法"には信用貸し面での国家の基本的な制度が含まれていて彼の "市易法"を通じては政府の巨視的な市場調整政策を見ることができることはもちろん自分勝手に物価を調整する少数商人たちを統制することができる合理的な措置だと認めた。

 残念なのは先に進み過ぎた意識だからか、 王安石の変法は予想した效果よりは理想的にならなかったし、甚だしくは王安石の最初構想とは正反対である逆結果をもたらしたりした。 新しい法が開始された後 5年が経ってさまざまな原因で、 もちろんそのうちには皇帝の動揺も含んで天災地変、 貴族たちの反対、 社会的に蔓延される迷信思想などで変法実施は一部中止された。 彼が創立した新しい変法は10年間持続した。

王安石が歴史的に傑出した地位に上がるようになったのは彼のすぐれた文学的な才とも引き離すことができない。 一生文学創作を堅持した王安石は8世紀から11世紀に至るまで中国で一番傑出した8人の文学家中の一人として数えられている。 彼は政論、 旅行記、 詩等多い作品を創作したが、特にその中でも詩の成果が一番大きいといえる。

王安石の文学創作態度を置いて民間ではこんな話が伝わっている。 "一番相応しい字を使うために一字を考えるのに数ヶ月間の時間を割いた事例が一二回ではない"… 彼のまじめな創作態度をみることができるところだと思われる。 "泊船瓜州"という彼の詩にはこんな段落がある。 "春風又緑江南岸"春の風がまた川沿を青く染めるとの意味だが、ここで青い "緑"字は動詞で使われた。 伝えによると元々作者は"緑"字代りに経つ "過"、入る"入"、着く"到"など限りない動詞を思ったが、繰り返される思考を経って最終は青い"緑"字で取り替えた。 その後この詩は有名な詩として後世にずっと伝われている。

 王安石の文学作品は鮮かなリアリズムを持っているのに当時はもちろん後世の文学発展にまでも重要な影響を及ぼしている。 
紀元 1086年自宅に隠居していた王安石は自分が提唱したすべての変法が後任した皇帝によって全部廃止されたという消息を接するようになった。 悲憤を禁ずることができなかった王安石はその後まもなく病気で世を去った。 当時彼の年は 66歳だった。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 3 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.