中国現代婚姻 > 中国文化

본문 바로가기

サイト内検索

中国文化

中国現代婚姻

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 01:23 view 8,831回 コメント 0件

本文

中華人民共和国成立以後 1950年 4月 13日、 中国政府は婚姻法を公布したが、 第1条で "親の独断的な強要と男尊女卑、 お子さんの利益を軽視する封建主義婚姻制度を廃止する。 男女婚姻の自由、 一夫一妻、 男女平等、女性とお子さんの合法的な利益を保護する新民主主義の婚姻制度を行う"と明確に規定した。

現代中国の婚姻法は中国で数千年間持続して来た封建婚姻家庭制度が徹底的に廃止されて新しい形式の婚姻家庭が法律の保護の下で樹立されたということを意味する。1980年 9月、 中国は 1950年に制定した婚姻法の基礎の上でまた新しい婚姻法を公布して元々の規定をより一層強調して同時に適当な修正と補完を加えて結婚年齢を男 20歳と女 18歳をそれぞれ男 22歳と女 20歳で上向き調整した。
それでは現代中国の青春男女が自分の結婚対象を選択する基準はどうか?

一般的に言って、感情上の欲求外には主に外貌、職業、学歴、性格、収入、家庭などを考慮する。男の方で重視することは女の外貌が比較的美しいとか淑やかで気立てが柔らかくて優しくなければならなくて、 背の高さが自分より小さくなければならなくて年は自分より少なくなければならないというのである。

 女の方で重視することは男の職業が良くて背が比較的大きくなければならなく、学歴が比較的高いとかどの位なければならないとか、経済的収入が比較的多くなければならなく、 思想が正しくて身体が元気で事業に対する成就感が強くなければならないというのである。人々は普遍的に自分の条件を相手と比べて自分の要求によって相手を評価する。 もし二人の青春男女の各方面の条件と要求に差がなければ恋愛結婚の成功率は比較的高くなるようになる。
例えば、二人皆大学卒業生で性格がお互いに合って外貌がよく似合って家庭環境も類似したら、 一気に恋愛で結婚につながる可柏ォが非常に高い。 しかし状況が違う場合もあるが、二人の条件がたとえ少しの差があってもお互いに相手の要求に合わせることができたら結婚は成功することができる。例えば、男性の方が事業に対する成就感が非常に強いが外貌が普通なら彼は決して女の方も相当な学歴があるように願わないで、ただ外貌がそれなりに綺麗で性格が善良で料理と家事がお上手で自分の事業を理解して後援してくれることができれば満足する事も多い。 しかし女の方はどうか? 学歴が高くて職業が良くて品行が淑やかな男を尋ねようと思うのに、自分は比較的ハンサムだったと言っても彼女自分の条件が男の方の要求にぴったりならば男の方の外貌は決して重要に思わない。
このような状況でも二人の結婚は成功しやすい。当然労動者、農民、知識人、軍人などのような職業身分階層がお互いに違う人々は要求上で重視するのがお互いに違って具体的な状況は非常に複雑である。

現代中国は恋愛の自由と婚姻の自主が成り立っているから青春男女たちが恋愛と結婚対象を選定することは基本的に自分が決定権を持つ。 同時に一般的に親の意見を求めたりするのに家長が同意しなくてふたつの関係が終わってしまった場合もある。

世界の結婚形式には主に礼儀結婚、宗教結婚、法律結婚の三種類類型がある。 礼儀結婚は古代中国で行ったことで手続きが複雑。 現代社会での結婚手続きは大きく簡素されたし、カギは法律手続きを履行しなければならないのである。 すなわち結婚した男女は双方が必ず一緒にその地域の関係機関に行って結婚登記をしなければならない。
結婚証明書の発給を受けた後にはすぐ合法的な夫婦になって、そうではなければ不法である。

結婚証明書の発給を受けた後には一般的に皆結婚儀式を行わなければならないが。形式は概して次のような何種類種類がある.
第一, 結婚祝宴(喜宴)を開く
食堂や家に少しの宴会席を用意して親戚と友達を招待して食事をして(喜酒)を飲む。 宴会席で簡単な結婚儀式を行うが、 新郎新婦はお客さんたちに喜酒と喜煙を配って、 参加した人々は皆、新郎新婦にお酒を勧めるなど喜びが溢れてすごく騷がしい。宴会の手続きと規模は統一された規定がないが、社会の世論によれば、節約と簡素化を提唱して、浪費することを反対する。宴会を調える気風は一般的に労動者農民たちの中で比較的盛行する。

第二 茶話会を開く
結婚の時に宴会を行わないでただ友達と職場の仲間たちを一席に招待してキャンディー、果物、タバコなどを買って簡単な婚礼儀式を行う。 次に新郎新婦に恋愛過程を話すようにするとか、娯楽発浮ウせるなど皆騷然と楽しんで祝いを送る。 このような形式は比較的簡単で便利で費用が節約されて一般的に機関幹部と知識人たちの中で比較的流行る。

第三,集体婚礼
機関やあるいは大衆団体で直接出て主観するが、何純Jップルにのぼる新郎新婦が同時に結婚式をあげて、記念品を与えて歌踊り娯楽などを進行する。 このような形式は簡単で費用が節約されながらも雰囲気が荘重で真剣だが用意される機会が比較的少ない。


第四, 旅行結婚
すなわち新婚夫婦が結婚お休み期間を利用して外地に旅行行ってから帰って来ればすぐ結婚したわけになる。 旅行の前に簡単な婚礼を行ったり、 時には婚礼を全然支払わなかったりするのに、 旅行から帰って来た後には親戚、友達、職場仲間たちに喜糖を配る。これは最近何年の間に始まった結婚方式の一種で簡便で新婚夫婦も休息と娯楽を楽しむことができる。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 27件 3 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.