中国歴史

中華思想 3

페이지 정보

본문

中華は中国と華夏の合成語である。
 言い換えれば ‘中華思想’は ‘地理的中心部’という意味だけではなく ‘中国民族アイデンティティ’と ‘華夏文化の優越性’という要素が一緒に溶けている用語である。したがって中国人たちは自らを ‘中華民族’と呼ぶのが好きであるが、これは文化的自負心と民族的同質意識を一番適切に表現した用語であるでしょう。

清朝以後の中国の領土は現在中華人民共和国規模を維持した。 満州族の立てた清朝は 300年の太平聖代を享受している途中に西欧列強の侵入で沒落したが現在中華人民共和国が維持している民族構成と領土境界の基本的なフレームを提供した。

1911年辛亥革命以後また漢族による政権が樹立され、毛沢東と人民解放軍によって 1949年中華人民共和国が成立された。
中国共産党は孫文が漢族民族主義に訴えて辛亥革命を起こしたように国家を単純に漢族主の差別政策を使うことができなかった。
したがって彼らが採択した ‘中華思想’ の中には自然に漢族と 55個の少数民族が共同構成員に内包されるようになった。
現代中国の立場で使われる ‘中華’と言う用語の中で漢族の自己同質性と言う要素は ‘多民族の仲直りと統一’と言う要素に変わるようになったし多民族の構成員が主体になって建設した ‘中国文化の優越性’だけが共通分母で落ち着くようになった。
したがって 21世紀に立ち入ったこの時点で中国人たちにおいて一番重要なことは新しい文化建設を通じるルネサンスの手始めである。 21世紀に浮び上がった ‘中華思想’はすなわち文化の象徴と同時に多民族国家文化のルネサンスでもある。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 19건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 82 명
  • 오늘 방문자 770 명
  • 어제 방문자 825 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 52,317 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개