中国歴史

鄧小平から胡錦涛時代

페이지 정보

본문

1976年毛沢東が死亡すると鄭小平が復権され、中国の実権は鄭小平に移った。 江青など 4人邦は文化革命期間中の罪目に処刑されたし実用主義的指導者たちが大挙復帰した。 1978年 3中全会で鄭小平は改革、 開放路線を採択しながら中国式社会主義への急激な変化を追い求めた。 以後から現在まで中国は安定的な実事求是型の政策を中心に発展を追い求めるようになった。

新しい集権勢力は農業・工業・国防及び科学技術での ‘4個現代化’ 推進を政策目標で立てて米・日との国交正常化を通じて西側との関係改善と経済援助を得たし改革・開放政策を実施して眩しい成長を成している。 中国は計画経済に市場経済の要素を加味して徐徐に商品価格が市場原理によって結成されるようにしているし企業の独立採算制拡大、 農村での余剰生産物の販売許容など資本主義的要素を取り入れて経済と生産力増大を最高の政策目標で設定している。

1980年代にも持続的な実用主義的経済路線は (黒猫白猫論: 黒い猫でも白い猫でも鼠を良く捕まる猫が良い猫だ)に象徴される鄭小平の思想によって進行された、1980年代から 2000年代初盤まで政治理念よりは経済にもっと重点を置くことで中国政治の実勢になった上海邦によって推進された。 ところで改革, 開放が加速化されながら改革と開放の速度に対する論争が触発されたし、 不正腐敗に反対して政治的自由主義を主張する学生、 知識人の反対運動は 1989年 6月の天安門事態で現われた。 この事態は結局保守派によって無力鎭圧で終わったが, 当時の総書記である陽サンコンは失脚するようになった. これにより上海邦を代表する江沢民が総書記に任命されながら改革開放派は全面に出るようになった。 これらは中国の改革開放と中国外交の実務を担当したし、江沢民が 1990年鄭小平の最後の公職だった国家中央軍事委員会の主席を引き受けることで経済官僚によって党と政府の全権を掌握した。

江沢民は 2002年党総書記, 2003年国家主席, 2004年党中央軍事委員会主席, 2005年 5月国家中央軍事委主席席を胡錦涛に譲りながら政権入れ替えが成り立った。 これによって登場した胡錦涛総書記と温家宝総理体制は ‘成長優先論者’ 特に上海を中心にした東部沿岸地域中心の成長を優先視する政策を好む先富論者 勢力たちを沒落させて、中国全域にかけた成長を重視する分配を強調する和調社会の政策を打ち出し得勢する姿を見せている。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 19건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 72 명
  • 오늘 방문자 746 명
  • 어제 방문자 811 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 48,194 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개