澳門の経済発展は祖国の強力支援の結果 > 国際・政治

본문 바로가기

サイト内検索

国際・政治

澳門の経済発展は祖国の強力支援の結果

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 10-01-04 16:06 view 2,973回 コメント 0件

本文

澳門(マカオ)の祖国復帰後10年間、澳門経済は復帰前に続いていた後退から脱し、持続的かつ急速な発展と社会の繁栄・安定を維持してきた。2002~2008年、澳門のGDP成長率は年平均で20.5%に達し、1人当たりGDPはシンガポール、ブルネイ、日本を上回った。澳門の各界は、澳門経済の急速な発展は、中央政府のサポートと中国経済の発展によるものだと指摘する。

2003年、重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生したことにより観光市場が低迷し、澳門経済にも大きな打撃を与えた。中央政府は早急に本土からの澳門個人旅行を解禁し、危機に面している澳門の観光業を救った。澳門特別行政区政府観光局の安棟梁局長は、「SARSの後、中央政府の政策により本土と香港・澳門の経済関係は密接になった。本土からの澳門個人旅行が解禁され、澳門の観光客増加に大きく貢献した」と話している。

「個人旅行の解禁」はCEPA(中国本土・澳門経済連携緊密化取決め)の一環である。CEPAは2003年に締結され、その後、本土と澳門はいくつかの補足協定に調印した。CEPAでは、澳門で製造された全ての製品に対し、本土への輸入関税をゼロとすることが規定された。澳門経済局の蘇添平局長は、CEPAの締結が澳門経済の発展を促進したと考える。また、CEPAの締結は澳門の発展余地と分野を広げ、最大限の保障を与えた。

澳門中華総商会の馬有礼副会長は、復帰後、澳門経済の国際影響力は大きく向上したと考える。「10年で、澳門と本土の関係はますます密接となり、中央政府のサポートのもとで、CEPAや工業パーク建設など多くの政策が出され、澳門の経済地位は絶えず高まった。多くの人が澳門と商売することを好み、澳門人を通じて本土に投資する人も多い」と、馬有礼副会長は話す。

まもなく退任となる澳門特別行政区の何厚カ・行政長官は、「澳門経済に奇跡がもたらされたのは、主に中央政府のサポートがあり、中国経済が発展したためである。澳門の中国復帰後の10年は、中国経済の実力が大きく向上した10年でもある。澳門には最初のころはアジア金融危機の後遺症があり、経済が低迷し、その後SARSや国際金融危機などの困難や試練もあった。しかし、澳門が改革開放後の30年、特にここ10年の中国経済から利益を得たのは確かだ」と語る。現在、中国国民の生活には大きな改善が見られ、本土住民による澳門での消費、観光、不動産投資などは澳門経済をけん引している。強大な祖国が後ろ盾となり、中国は良好な経済情勢を有しており、澳門経済の発展が他と異なるのも当然である。

「チャイナネット」 2009年12月17日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

Copyright © china7.jp. All rights reserved.