新華社、「ダライ・ラマの主張が事実に背く」 > 国際・政治

본문 바로가기

サイト内検索

国際・政治

新華社、「ダライ・ラマの主張が事実に背く」

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 10-02-21 19:50 view 3,962回 コメント 0件

本文

新華社通信が21日、署名入りの文章を発表し、「ダライ・ラマ集団がこのほど発表した『中国共産党の言う旧チベットが封建農奴制社会であるというのはフィクションである』という文章は、まったく客観的事実に背いたものだ」としている。

ダライ・ラマ集団が1月5日発表した文章は、1949年前のチベットを「自給自足で、こじきがなく、農民の生活が豊かな法制化社会」と描き、今日の中国よりもっと文明的な社会と主張している。

それに対し、新華社の署名入りの文章は「旧チベットが政教統一の封建農奴制社会であることは、客観的事実として国際的に認識され、国内外の歴史資料や学者の研究によって証明されています。旧チベットの社会状況に対するダライ・ラマ集団の描写は白黒を転倒させる客観的事実に背いたものだ」と指摘している。

文章は更に「ダライ・ラマ集団が、旧チベットの社会制度を極力に弁解しているが、彼らは立ち遅れた政教統一の封建農奴制の代表で、その統治階級の利益を代表しているからだ」としている。

「中国国際放送局 日本語部」より2010年2月21日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

Copyright © china7.jp. All rights reserved.